Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
日本経済新聞
Contributor:

「川崎 脱炭素戦略の行方(下)住民の意識改革カギ:太陽光義務化や地域電力 モデル地区選び推進」

川崎市が環境都市に生まれ変わるには京浜工業地帯の脱炭素化だけでなく、住民の意識改革が欠かせない。市は太陽光パネルの設置義務化やモデル地区をつくることで、住民の行動変容を促そうとしている。

来年度施行へ
川崎市は7月末、環境審議会の脱炭素部会を開き、市内で新築する住宅への太陽光発電設備の設置義務化に向けた素案を示した。設置義務化の方針を表明している東京都の制度案を参考に、規模が大きい建物だけでなく、...

(日本経済新聞の記事のページ:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64414520W2A910C2L72000/

市の脱炭素部会長...

Conference Proceeding
Round table for “From satellite observation to national GHG inventories: inputs to the Global Stocktake of the Paris Agreement”

A national GHG inventory is an important input for the Global Stocktake (GST), which began from COP26, aiming to assess the collective progress towards achieving the purpose of the Paris Agreement and its long-term goals. All Parties are required to submit a greenhouse gas (GHG) inventory as part of the Biennial Transparency Report (BTR) under the...

Commissioned Report
Author:
Tokyo Metropolitan Government

東京都とKL市の都市間連携事業「T2KLLCS」(実施期間:2019年度~2021年度)では、KL市における低炭素社会/2050年ゼロカーボンシティ形成に向けて、東京都のノウハウを移転しながらKL版の低炭素・ゼロカーボンビルディング実現・普及の制度構築を目指し、KL市保有の1955の公共建築物のエネルギー消費実態調査、削減ポテンシャルの推計、優先的に省エネ改修すべき公共建築物の選定、ガイドライン策定等の支援を行った。

その結果、KL市では公共建築物4棟の投資改修計画の策定・市独自の予算の確保がなされ、建物物制度だけに止まらず、2050年までにゼロ・カーボンを実現するために公共建築物・施設での太陽光導入が進められた。更にKL市長が新しいカーボンニュートラル街区の計画を発表した際は...

Presentation
Round table for “From satellite observation to national GHG inventories: inputs to the Global Stocktake of the Paris Agreement”

This was presented at a roundtable entitled “From satellite observation to national GHG inventories: inputs to the Global Stocktake of the Paris Agreement” on February 2022. 
A national GHG inventory is an essential input for the Global Stocktake (GST), which began from COP26, aiming to assess the collective progress towards achieving the purpose...