Results 1 - 10 of 41 (Sorted by date)
Conference Paper
第15回日本LCA学会研究発表会講演要旨集
パリ協定の実施やネット・ゼロを目指す自治体や地域の増加を踏まえ、ライフスタイルの転換への注目が高まっている。カーボンフットプリント研究により日本においても製品やサービスの購入を通じた間接排出量がライフサイクルGHG 排出の半分以上を占めることが明らかとなっている。しかし、ライフスタイル及び消費パターンは多様であるため、一国における平均値や合計値だけではこの課題を捉えきれない。国内における消費者間の差に着目した分析が望まれるが、既存研究は世帯人数、収入、年齢に着目した分析が殆どである。本研究では、全国消費実態調査の匿名ミクロデータを用いて日本における約47,000サンプル世帯の一人当たりカーボンフットプリントを推計した。さらに、推計したカーボンフットプリントに関し...
Conference Paper
Author:
Rudhi Sundar
Pradhan
The Government of India has set targets to reduce 85% of the use of Hydrofluoro Carbons (HFC) by 2047 (over the 2024-2026 average levels). Based on onsite visits to randomly selected seafood processing plants and cold storages in Andhra Pradesh State, India, the authors found that more than 70% of them use reciprocating compressors based on HFC...
Conference Paper
Compressed air systems account for 5-35% of electricity use among the Indian manufacturing sector. It shares a significant portion of the production cost, but its energy-efficiency measures are not widely applied in India yet. From 2011-18, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and The Energy and Resources Institute (TERI)...
Conference Paper
Author:
Ananda Mohan
Ghosh
The electric CO2 water source heat pumps (EHP) generate hot water and cold water simultaneously using the trans-critical cycle of the natural refrigerant CO2. Since their introduction in 2001, EHP were regarded as the next generation of low carbon technologies. The results from piloting EHP at two diary plants, one in Anand, Gujarat and other in...
Conference Paper
環境経済・政策学会2019年大会
カーボンプライシングによる産業分野への影響を把握する方法としては、経済モデルシミュレーションにより、産業部門ごとにその影響を定量化する方法が用いられることが一般的であり、各部門に対する全体的な影響は、減免措置の制度設計などにおいて有益な情報となりうる。しかし、「2050年までの温室効果ガス大幅削減に向けた経済的措置に関する調査・検討」(IGESほか 2016)における「日本での本格的炭素税導入をめぐる議論」では、カーボンプライシングは、個々の企業にとって短期的にエネルギー及び原材料の調達コストの上昇のみを意味すると受け止められることが多い。これは、経済モデルシミュレーションで収益が増大しうる部門が発生しうると予測されたとしても同様であり...
Conference Paper
第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス
This study develops a map to identify SDGs and their targets within long term global scenarios of climate mitigation. This map is fundamental to analyse the alignment of climate goals with the SDGs, and the interactions with SDGs in long term scenarios. A methodology is proposed to identify and categorize the coverage and treatment of SDGs and...
Conference Paper
Eleventh Annual Meeting of the IAMC
Author:
Masahiro
SUGIYAMA
Shinichiro
FUJIMORI
Kenichi
WADA
Jiayang
WANG
Ken
OSHIRO
Etsushi
KATO
Atsushi
KUROSAWA
Ryoichi
KOMIYAMA
Yasumasa
FUJII
Yuhji
MATSUO
This study presents a multi-model analysis of long-term climate policy of Japan, whose mid-century strategy is subject to an ongoing policy debate, focusing on the carbon dioxide emissions in the energy sector. The models demonstrate multiple future pathways of the low-carbon energy system in Japan. The median of marginal abatement cost is found to...
Conference Paper
3rd Japanese- German Workshop on Renewable Energies
Author:
Achieving long term climate mitigation targets for Japan requires deep transformations in the energy system, in particular in the power generation sector. Decarbonization of this sector is unclear due to the uncertain nuclear policy after the 2011 Great East Japan Earthquake. However, many other uncertainties need to be considered, namely the...
Conference Paper
環境経済・政策学会2018 年大会
昨年発表した「先進事例におけるステークホルダー(家庭/産業部門)への影響を踏まえた制度設計のあり方」では、炭素税等の先進事例であるドイツにおける産業部門に対する影響分析では、製造業において業種間の特性の違いを考慮せず一律に導入した軽減措置により、労働集約型製造業が一部の非製造業より高いCO₂排出強度をもつにもかかわらず課税負担が小さくなるという逆転現象が発生していることを示した。このことから、軽減措置は製造業全体で一律に導入するのではなく、より細分化された業種単位で導入範囲を限定することが重要であるといえる。 また、地球環境戦略研究機関・名城大学。・国立環境研究所(2018)によれば、製造業に属する企業の営業利益に対する影響分析では、価格転嫁率が最も大きな要因の1つであり...
Conference Paper
環境経済政策学会2018 年⼤会
Author:
昌広
杉山
真一郎
藤森
謙⼀
和⽥
嘉陽
⼤城
悦史
加藤
⿊沢
厚志
涼⼀
⼩宮⼭
康正
藤井
雄司
松尾
本稿では日本の2050年までの温室効果ガス,エネルギーシステムのシナリオを,複数のエネルギーモデルもしくは統合評価モデルを用いて定量化し,それらを相互比較することによって,不確実性を踏まえた長期の気候政策の評価を行う.