Results 1 - 10 of 155 (Sorted by date)
Working Paper

本研究では、日本国内の中でも陸上・洋上風力のポテンシャルが多く存在するとともに、東京を中心とした電力大需要地がある、東日本全域(北海道地域、東北地域、関東地域から構成される)を対象とし、既存の送電設備のままで効率的な送電線混雑管理に資する実潮流に基づく送電系統運用を行った場合の電力需給シミュレーションを行った。分析する際には、発電側の設定変化に対する結果の差異を検証するために、Base、RE及びRE+Nucの3つのシナリオを想定した。

3つのシナリオ分析の結果から、本分析で置いた前提の範囲内では、1)実潮流に基づく送電系統運用の導入、2) 火力発電の調整力の活用、3)揚水式、非揚水式のうち調整池式及び貯水池式の水力発電の調整力の活用を行うことで、陸上風力を12GW(2018年度の6倍...

Book
Author:
AL
Ramanathan
S
Chidambaram
MP
Jonathan
MV
Prasanna
F.M.
Arriola

The whole world has been on intermittent lockdowns due to the present COVID-19 pandemic. The industrial deacceleration caused by the pandemic has affected everyone without distinction of wealth, religion, or nationality. Also, the pandemic has evidenced how socio-environmental processes have been altered or accentuated, relieving the environment...

Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

本稿は、コロナ禍における大気汚染・気候変動・保健の関係性を説明し、これらの課題に対する統合的なアプローチの必要性を強調している。各国でコロナ復興策が決定される中、より良い復興を実現するには、短期的にはコロナ対策を実施し、長期的には温室効果ガス(GHG)を多く排出するような開発を避けるといった、統合的な判断が鍵となる。IGESのトリプルRフレームワークを活用し、大気の質や気候、ひいては健康の向上につながるための統合的な取り組みについて述べている。

本稿は、Asian Co-benefits Partnershipのポリシーブリーフ(英語のみ)の一部を基に再構成されたものである。

Peer-reviewed Article
In International Journal of Agricultural Sustainability
Author:
Carol
Andriamizaka
Takuya
Shiraishi

This paper explores key elements of an extension approach for enhancing the sustainability and realizing the scaling-up of tree growing by smallholder farmers in rural remote areas where extension services seldom reach and access to external markets is difficult. By referring to the case in Madagascar, the paper discusses that creating a certain...

Discussion Paper
Author:
Dwayne
Appleby
Claude
Galette
Denise
Conselheiro
Bridget
Ringdahl
Socorro
Patindol

The Sustainable Lifestyles and Education (SLE) Programme of the One Planet Network aims to mainstream sustainable lifestyles into formal education; make sustainable lifestyles the guiding principle in every learning environment while mobilizing youth to promote sustainable lifestyles.

Building on international frameworks, the SLE Programme has...

Commissioned Report
ひょうご版再エネ100の推進に係る業務報告書

令和2年度ひょうご版再エネ100の推進に係る業務報告書

兵庫県からの委託により、兵庫県における再生可能エネルギー利用拡大のポテンシャル及び現状の課題、利用拡大に向けた方策について分析・取りまとめを行いました。

Presentation
推進費2-1908、1-2002、1-2003 国民対話シンポジウム 日本の2050年脱炭素社会

本発表では、ネット・ゼロ社会の実現を図るための考え方の一つを示します。具体的には、広範な社会変革を伴いながらネット・ゼロ社会を実現していくトランジションシナリオと、様々な事情により社会変革がほとんど起きないロックインシナリオの2つのシナリオを対比しながら、エネルギー需要の動向を中心とした定量的な分析結果を紹介いたします。加えて、トランジションシナリオを中心に、本レポートで展望した定性的な社会像を紹介いたします。

Policy Brief
Author:
Maria Katherina
Patdu
Kakuko
Nagatani-Yoshida
Glynda
Bathan-Baterina
Dang Marviluz
Espita-Casanova
Bjarne
Pederson
Markus
Amann
Zbigniew
Klimont
Nathan
Borgford-Parnell
Ken
Yamashita
Kathleen
Mars
Charlotte
Unger
Toshihiko
Takemura
Xianqiang
Mao
Youkai
Xing
Yeora
Chae
Badri G.
Narayanan

Key Messages

  • A reason COVID-19 has had such far-reaching impacts is it stems from multiple interconnected risks. The difficulties that policymakers face in managing related risks not only deepen vulnerabilities to COVID-19 but other planetary crises.
  • Explicitly recognizing and acting to achieve the co-benefits of integrated air pollution...