Results 1 - 10 of 41 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Current Opinion in Environmental Sustainability
Author:
Rosemary
Hill
Çiğdem
Adem
Wilfred
VAlangui
Zsolt
Molnár
Yildiz
Aumeeruddy-Thomas
Peter
Bridgewater
Maria
Tengö
Randy
Thaman
Constant
Yao
Fikret
Berkes
Joji
Carino
Manuela
da Cunha
Mariteuw
Diaw
Sandra
Díaz
Viviana
Figueroa
Judy
Fisher
Preston
Hardison
Kaoru
Ichikawa
Peris
Kariuki
Madhav
Karki
Phil
Lyver
Pernilla
Malmer
Onel
Masardule
Alfred
Yeboah
Diego
Pacheco
Tamar
Pataridze
Edgar
Perez
Michèle-Marie
Rou
Hassan
Roba
Jennifer
Rubis
Dayuan
Xue
Working with indigenous and local knowledge (ILK) is vital for inclusive assessments of nature and nature’s linkages with people. Indigenous peoples’ concepts about what constitutes sustainability, for example, differ markedly from dominant sustainability discourses. The Intergovernmental Platform on Biodiversity and Ecosystems Services (IPBES) is...
Conference Proceeding
The Expert Thematic Workshop on Landscape Approaches for the Post-2020 Global Biodiversity Framework
Editor:
United Nations Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS)
This report is an output of the Expert Thematic Workshop on Landscape Approaches for the Post-2020 Global Biodiversity Framework held 3-6 September 2019 in Kumamoto, Japan, which was organized by the United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) in cooperation with the Secretariat of the Convention on...
Submission to Policy Process
IGES研究員が、SDGs推進本部幹事会が作成し、内閣府と外務省が意見募集した「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針(改定版)の骨子」に対して提出したパブリックコメントです。 実施指針(改定版)の骨子は以下よりご覧いただけます。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/pdf/jisshi_shishin_r011108.pdf
Presentation
2019年末にマドリッドで開催されたCOP25においても、気候資金を如何に動員するかという議論が行われた。特に民間資金の規模の拡大は重要なテーマとなっている。この観点から、本資料では、金融界は2℃目標に向かってどう動いているかという観点から情報を整理している。 まずは、COP25において気候資金に関してどのような国際交渉が行われているかを整理している。つぎに、グローバルな投資家が気候変動のリスクや機会を踏まえてどのような対応をはかっているかについて具体的な事例を紹介している。目を日本国内の金融界に目を転じ、(1)日本企業による「気候変動関連財務情報開示タスクフォース(TCFD) 提言」への対応、(2)日本においてESG推進役となっている年金積立管理運用独立行政法人の対応、(3...
Discussion Paper
Sustainable Lifestyles Policy and Practice: Challenges and Way Forward provides an overview of the current (2019) situation for sustainable lifestyles globally. It includes 32 case studies from around the world, showing on-going efforts to support the transition to sustainable ways of living. The key messages of the publication are: There are...
Policy Report
Author:
Global Reporting Initiative
UN Principles for Responsible Investment
United Nations Global Compact
~概要より~ 企業が関連するSDGsデータを投資家に提供することで、投資家が情報に基づく決定を行い、直接的な資本が実社会に正のインパクトを与える投資へと振り向けることができる。 SDGsの達成は大きなビジネス機会をもたらしうるが、逆もまた然りである。SDGsのゴールに到達しない場合、企業とその財務、ひいては投資家の財務リターンに大きな負の帰結をもたらす可能性がある。 そのため投資家は、関連の深さ、規模、期間、割合を含め、SDGsのターゲットへの貢献に企業が及ぼす(実際的および潜在的な)正・負の影響、企業のSDGsに対する追加的な貢献、そして予想とは異なる影響がもたらされる可能性について知る必要がある。このようなデータは信頼でき、高品質でステークホルダーとの対話に基づくものでなければならない...
Presentation

Towards Policy Design for SCP: From environmental policy to socio-economic technology policy

Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium on Policy Design Research for SCP
Author:
Tomohiro
Tasaki
Under S-16 project, Japan-Thailand SCP Research Collaboration Joint Symposium was held to desicuss possible collaboration for Policy Design Research for SCP on October 22nd 2019 at Sukosol Hotel, Bnagkok, Thailand. Hotta and Tasali presented how SCP policy research and design requires co-design approach.
Policy Report
Author:
World Business Council For Sustainable Development
IGESは、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)との共同により、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)作成の「人権に関するCEOガイド」の日本語翻訳版を発行しました。 本ガイドは、企業が人権問題に取り組むことの重要性やCEOのための行動のポイントを解説するものです。公害や気候変動問題に代表されるように、環境問題によって引き起こされる人権問題が多くあります。また、資源調達においては、児童労働や強制労働といった人権問題と森林破壊といった環境問題が同時に発生することも少なくありません。人権問題への対処および環境問題と人権問題の統合的解決に向け、ぜひ多くの企業の皆様に本ガイドを活用いただければ幸いです。
Commentary (Op. Ed)
グリーンボンド等のグリーンファイナンスは拡大しつつあるが、そのインパクトは明らかになっていない。一方、「グリーンウォッシュ」や「インパクトウォッシュ」への懸念を背景に、インパクトの重要性は投資家の間でも認識されつつある。インパクトの基準を標準化することは困難な面もあるが、段階的にでもインパクトが比較可能な形で可視化されることは重要である。
Commentary (Op. Ed)
Story Highlights; The HLPF has struggled to encourage countries to “integrate the three dimensions” of sustainable development, even though interlinkages among the 17 SDGs and their targets have been identified. A clear illustration of different tools, approaches, and conceptual frameworks for better understanding interlinkages between the SDGs...