Results 1 - 3 of 3 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In 環境技術 (Journal of Environmental Conservation Engineering)
本稿では,インド政府が国連気候変動枠組条約に提出したGHG排出削減目標案(INDC)の達成のために、国内的な取組として定めた「国家気候変動行動計画」の計画の1つである「省エネルギー化国家計画」の要となっている省エネ証書取引制度(Perform Achieve and Trade: PAT)と,IGES関西研究センターがインドで取り組んでいる日本の低炭素技術移転の取組を紹介する.
Peer-reviewed Article
In サステイナビリティ研究
持続可能な開発目標(SDGs)は、着実に社会に浸透しているが、本当に世界で目指すべき目標なのだろうか。また、多様な主体が関与する SDGs に対し、いかにして実施を効果的に進めていけばよいのだろうか。これらの疑問に答えるため、本稿では、第一に、SDGs の意義を検討し、第二に、主に日本を対象に、SDGs を実施していくにあたってのマルチレベル・ガバナンスのあり方を考察した。SDGs の意義としては、①持続可能な開発を阻む様々な問題について、達成期限のある具体的な目標を包括的に定めたこと、②統合的な解決が求められるようになったこと、③変革を促しやすくなったこと、④持続可能な開発を世界の主要議題に押し上げたこと、の 4 点を導き出した。マルチレベル・ガバナンスは、垂直的調整、水平的調整...
Peer-reviewed Article
In APN Science Bulletin
Author:
Joy J.
Pereira
Arpah A.
Bakar
Divya S.
Solomon
Juan J.
Pulhin
J.
J. Cummins
Several risk insurance initiatives have been implemented at the grassroots level for reducing the vulnerability of communities to natural disasters. Despite these efforts, the penetration of risk insurance in developing Asia is poor compared to many developed countries due to several barriers that this sector is facing and the cost of insurance...