Results 1 - 10 of 33 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Sustainability Science
Author:
Keiko
Hori
Shizuka
Hashimoto
Takanori
Matsui
Rumana
Akter
This study develops a projection model of future population distribution on the basis of Japan’s current depopulation trend and applies this model to scenario analyses that assume population compactification and dispersion. The model enables a description of population migration at two levels. First, municipal populations are projected using the...
Issue Brief
「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律(通称「クリーンウッド法」」は、2016年5月20日に公布され、2017年5月20日に施行された。またその実施のため、施行規則、判断基準省令、様々な文章が主務省(農林水産省、経済産業省及び国土交通省)によって定められている。しかし様々な規定がこれらの文章の中で相互に引用されつつ書かれているため、全体を通じて理解することが難しい。このため、様々なクリーンウッド法関連文章をまとめて事項ごとに再整理し、理解の促進を試みた。
Book Chapter
In 実践版!グリーンインフラ
Author:
琬惠
橋本
丈人
吉田
健太郎
3-20: 流域治水の取り組みが生態系サービスに供給に与える影響 水害リスクの軽減を目的とした住宅地周辺部での水田・森林の保全(宅地転用の抑制)や水害リスクの高い地域における宅地から森林・水田への土地利用誘導をグリーンインフラの導入と位置づけ、政策介入の有無がグリーンインフラの多機能性にどのような影響を与えるか、滋賀県の流域治水条例を例に挙げながら、シナリオ分析の手法によって解明する。
Peer-reviewed Article
In Sustainability
Author:
Sheryl
Reyes
Aya
Miyazaki
Evonne
Yiu
The advent of modern technology in agriculture has increased the efficiency of our food production but also poses pressures on the sustainability of our planet. The Globally Important Agricultural Heritage Systems (GIAHS) of the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO) has been developed to safeguard traditional agricultural...
Peer-reviewed Article
In Frontiers in Ecology and Evolution
Author:
Chihiro
Haga
Marimi
Maeda
Wataru
Hotta
Takahiro
Inoue
Takanori
Matsui
Takashi
Machimura
Masahiro
Nakaoka
Junko
Morimoto
Hideaki
Shibata
Shizuka
Hashimoto
The introduction of renewable energy (RE) is essential for building a sustainable society. However, RE can cause conflicts between energy production and biodiversity conservation. This study conducted a scenario analysis to evaluate potential conflicts in the nexuses between energy and biodiversity for the Bekambeushi River watershed located in...
Commissioned Report
This report summarized basic surveys and activities regarding; 1) Approach and efforts for the Formulation of Regional Circular and Ecological Sphere (Regional CES) in Hokusetsu area of Hyogo prefecture under MoEJ's Regional CES project 2) Promotion of the low carbon and energy saving technology transfer in India, as well as enhancement of...
Commissioned Report
北九州市アジア低炭素化センターは2010年6月に開設され、今年開設10周年を迎える。そこで、北九州市は、同センター開設10周年記念事業として、投資家、企業経営者、起業家等の民間企業関係者を対象とした「ホラシス会議」の誘致を予定している。当業務では、ホラシス会議の全体会で取り上げるテーマ案として、同センター開設10周年記念事業として相応しいテーマ案を設定するものである。
Policy Report
本書は北九州市の海外水ビジネスの展開状況をまとめたものである。第1章で海外水ビジネス市場の動向と北九州市の国際協力の歩みについて触れ、第2章で100年以上の歴史を有する北九州市の上下水道がどのように整備されてきたかを振り返り、第3章では北九州市のカンボジアとベトナムでの海外展開の事例を詳述し、第4章では海外展開を進める市内企業4社に焦点を当ててその展開のアプローチを紹介し、最後の第5章において北九州市から海外に拡がる水ビジネスの今後について考察する構成となっている。 なお、本書は、北九州市産業技術保存継承センター(北九州イノベーションギャラリー)の調査研究事業の一環で作成されたものである。
Policy Report
一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES=アイジェス)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について、日本企業の取り組み実態に関する最新の調査結果をとりまとめた、SDGs日本企業調査レポート2019年度版「ESG時代におけるSDGsとビジネス~日本における企業・団体の取組み現場から~」を3月5日(木)に発刊しました。 4年目となる今回のレポートでは、GCNJ会員(335企業・団体)へのアンケート調査結果と金融機関・事業会社へのヒアリング結果をもとに、GCNJ会員のSDGsに関する認知度や取り組み状況の経年変化を分析しています。また、新しい経営戦略のひとつとして注目を集めているESG(企業経営における環境...
Commissioned Report
我が国の違法伐採木材への対策のために平成29年5月に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)を着実に推進する必要がある。このため、本法に基づく木材の合法性の確認等の取組状況を、国内木材関連事業者へのアンケート調査、ヒアリング調査によって調査した。