Results 1 - 10 of 52 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

本稿は、コロナ禍における大気汚染・気候変動・保健の関係性を説明し、これらの課題に対する統合的なアプローチの必要性を強調している。各国でコロナ復興策が決定される中、より良い復興を実現するには、短期的にはコロナ対策を実施し、長期的には温室効果ガス(GHG)を多く排出するような開発を避けるといった、統合的な判断が鍵となる。IGESのトリプルRフレームワークを活用し、大気の質や気候、ひいては健康の向上につながるための統合的な取り組みについて述べている。

本稿は、Asian Co-benefits Partnershipのポリシーブリーフ(英語のみ)の一部を基に再構成されたものである。

Training or Learning Material
Author:
Dang
Marviluz Espita
Precious
Benjamin
Merlin
Lao
Miaojie
Sun
Xuan
Xie

With more than half the world’s population classified as urban, whether the world achieves global climate change goals increasingly rests on cities. Yet, many policymakers at the city level place clean air and public health before mitigating climate change.

Fortunately, since emissions contributing to air pollution and climate change often come...

Peer-reviewed Article
In Transport and Communications Bulletin for Asia and the Pacific
Author:
Haryono
Huboyo
Wiwandari
Handayani
Mega
Anggraeni

In fast-growing coastal cities, dependable public transport, diversity of modes, and social inclusion are among several factors that contribute to resilient transport. However, these factors depend critically on whether key ridership segments are aware of the benefits of public transport. This article describes the effects of an awareness raising...

Presentation
Earth League Annual Workshop

This presentation, delivered by Eric Zusman on behalf of IGES President Kazuhiko Takeuchi at the Earth League Annual Workshop on 20 October 2020, is entitled "Greening the COVID-19 Response, Recovery, and Redesign" and outlines the IGES Triple R Framework, the case for integrated approaches to respond to COVID-19, and potential applications of the...

Presentation
多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会

本資料は、2020年8月22日に開催された、多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会での発表資料です。

1.「気候危機」は、誰にとって、どのようなリスクなのか、2. 気候危機に取り組むため、国や自治体、ビジネスがどのような行動を開始しているのか、3.コロナ禍から、どのように「より良い回復」(グリーン・リカバリー)を目指すのか、4.強靱、持続可能で脱炭素型の地域とライフスタイルへの転換をどう進めるのか についてまとめています。

Submission to Policy Process

According to the World Bank (2018), global annual waste generation is expected to jump from 2.01billion tonnes in 2016 to 3.40 billion tonnes over the next 30 years, and this trend is especially true in developing countries in Asia and Africa. This suggests that there has been very little success in reversing the trend of the increased generation...

Peer-reviewed Article
In Travel Behavior and Society

The spread of online taxi services is transforming mobility patterns in many of the world’s rapidly motorizing cities. Yet few studies have systematically assessed which factors are behind this transformation. This article fill this critical knowledge gap for the three fast-growing cities of Indonesia, namely, Semarang, Bogor and Bandung. The...

Commissioned Report

平成2811月に発効したパリ協定の下、地球の気温上昇を産業革命前に比べて2℃よりも十分低く抑え、さらには1.5℃未満に抑えるための努力を追及するために、低炭素社会の実現に向けた取組の促進が求められている。平成3012月にはポーランド・カトヴィツェで開催されたCOP24にて、2020年からの各国の具体的な義務を定めたルールブックも採択された。このパリ協定の目標を達成するためには、経済成長が著しい途上国において、持続可能な低炭素社会の構築に向けた動きを加速させることが必要である。とりわけ、社会経済の発展を支える活動の場である都市の低炭素化に向けた取組は重要であり、国際的にも都市の取組を支援する動きが強化されてきている。令和21月にはパリ協定が始動し、このような動きがさらに加速している。

...