Results 1 - 4 of 4 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Frontiers in Ecology and Evolution
Author:
Chihiro
Haga
Marimi
Maeda
Wataru
Hotta
Takahiro
Inoue
Takanori
Matsui
Takashi
Machimura
Masahiro
Nakaoka
Junko
Morimoto
Hideaki
Shibata
Shizuka
Hashimoto

The introduction of renewable energy (RE) is essential for building a sustainable society. However, RE can cause conflicts between energy production and biodiversity conservation. This study conducted a scenario analysis to evaluate potential conflicts in the nexuses between energy and biodiversity for the Bekambeushi River watershed located in...

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

Commentary (Op. Ed)
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。

Peer-reviewed Article
In Sustainability Science
Author:
Chun Shen
Goh
Tomonobu
Akikawa
Amanda
Ahl
Kanae
Ito
Chihiro
Kayo
Yasunori
Kikuchi
Takaaki
Furubayashi
Toshihiko
Nakata
Yoichiro
Kanematsu
Yoshiki
Yamagata

Bioenergy has been promoted in Japan with ambitious targets. However, the incentive schemes excluded renewable heat and overlooked synergies with local forest management, leading to the development of large-scale biomass plants that heavily rely on overseas biomass supplies. This case report discussed an alternative scenario of systems supported...