Results 1 - 10 of 16 (Sorted by date)
Briefing Note

第5回国連環境総会の第1回会合(UNEA5.1)が2021年2月22日~23日に開催された。

UNEAは、国連環境計画(UNEP)の意思決定機関として国際的な環境ガバナンスにおいて重要な役割を担っている。隔年で開催され、193の国連加盟国および関連ステークホルダーが参加し、UNEPの優先課題を概観するとともにグローバルな環境アジェンダの設定を目的としている。

通常はナイロビのUNEP本部で開催されるが、今回のUNEAはCOVID-19パンデミックの影響によりすべてオンラインで行われ、UNEA開催の前週からUNEA開催中まで、ユース環境総会(2月12日~20日)、国連サイエンス‐ビジネス環境政策フォーラム(2月18日~20日)も含めて12...

Briefing Note

The 2021 United Nations Environment Assembly (UNEA 5.1) took place on February 22-23 2021.

As the United Nations Environment Programme's (UNEP) universal-membership governing body, UNEA plays an important role in international environmental governance. Held biennially, UNEA brings together the UN’s 193 member states and other stakeholders to...

Training or Learning Material

A ‘Voluntary Local Review’ (VLR) is a process whereby local and regional governments voluntarily carry out a review of progress being made in their implementation of the SDGs. This review includes policies, programmes, data, institutional set-ups and stakeholder engagement mechanisms to implement the 2030 Agenda at the local level. VLRs are then...

Briefing Note

7回持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム(APFSD7)が、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)により、2020325日から27日にタイ・バンコクのUNカンファレンスセンターにて開催される予定である。過去の、少なくとも2017年以降のAPFSDとの大きな違いとして、APFSD7 ではレビュー対象となる持続可能な開発目標(SDGs)のゴール群が存在しないことが挙げられる。これは、2020年度のSDGsに関する「ハイレベル政治フォーラム(HLPF)」が、レビュー対象となるSDGsゴールを設定する代わりに、20199月のSDGsサミットで採択された政治宣言である「加速された行動と変革の道筋: 持続可能な開発に向けた行動と展開の10年間の実現 (Accelerated...

Training or Learning Material
E-Learning module on the means of implementation for SDGs
Contributing to IGES E-learning module on the means of implementation for SDGs, this short lecture focuses on data gaps and challenges for measuring environment-related SDGs. The lecture includes two parts. The first part focuses on the importance of environmental sustainability, the existing data gaps and solutions at the global level. The second...
Briefing Note

The 7th Asia-Pacific Forum on Sustainable Development (7APFSD) is due to take place on 25-27 March 2020 at the UN Conference Centre in Bangkok, Thailand. One of the significant differences to preceding APFSD forums (at least from 2017) is that the APFSD7 does not have any cluster of goals under review. This reflects a decision at the global level...

Briefing Note

Integrative approaches to land management, such as ecosystems-based approaches and landscape approaches, together with sustainable infrastructure and the sustainable use and conservation of biodiversity, provide multiple benefits. By providing stakeholders with a means to work through competing interests over land and natural resources, while at...

Briefing Note

生態系を基盤とするアプローチやランドスケープアプローチといった土地管理の統合的アプローチは、持続可能なインフラおよび生物多様性の持続可能な利用と保全と併用することで、複数の利点をもたらす。自然資本を維持することの重要性を強調すると同時に、土地と天然資源の利害相反に取り組むための手段を利害関係者に提供することによって、開発、気候変動適応、および防災に対する国際目標に貢献できる大きな可能性が統合的アプローチにはある。統合的アプローチ、持続可能なインフラ、ならびに生物多様性の持続可能な利用および保全は、アジア太平洋諸国がSDGを達成するための重要な戦略である。統合は、さまざまな地理的スケールおよびタイムスケールにおいて必要となる。国レベルでの適応戦略の開発に焦点が当てられてきたが...