Results 1 - 9 of 9 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In MASHING UP
オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。 本記事は、その一環として都市をテーマに、「一人ひとりが変わるとまちが良くなる。みんなでやるともっと良くなる」という切り口から個人がどう都市の持続可能性に貢献できるのか、取り上げました。
Non Peer-reviewed Article
In 環境と文明ー環境文明21会報
国際社会は2015年に「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択した。アジェンダは、我々が将来の世代に繋げていくための「持続可能な社会」の理想像と、それを実現するための17の目標(Sustainable Development Goals: SDGs)、169のターゲットと230の指標という「三層構造」である。 「地球システムの境界」という考えの下で、到達点の目標を先に掲げ、経済、環境、社会にわたる諸課題を包括的に扱っている点にこれまでにない特徴がある。それだけに今後どのように円滑に実施に移すかが課題であり、関係するステークホルダーの協働、特に実現に向けてビジネスに期待される役割は大きい。 こうした内外の動きを受け、一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ...
Keywords:
Commentary (Op. Ed)
2015年の持続可能な開発目標(SDGs)の採択から約1年が経過し、また、今年3月には、国連グローバル・コンパクト(UNGC)等による「SDGコンパス:SDGsの企業行動指針-SDGsを企業はどう活用するか-」(日本語版)が、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)/IGESの共同翻訳を通じて発表された。こうした背景の下で、特に国内外のUNGC/GCNJ加盟企業を中心としてSDGsへの取り組みが加速されており、企業によってはSDGsの経営への統合を図っている動きも見られている。しかし、企業のこうした取り組みは、社内でどのような議論やプロセスを経て、どの程度まで進んできているのだろうか。海外では既にUNGCや持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)を中心に...
Non Peer-reviewed Article

「緑の贈与制度」を実現し、地球温暖化防止と地方創生の起爆剤に!

In 第三文明
Contributor:
Non Peer-reviewed Article

持続可能な開発目標(SDGs)

In 日経エコロジー
Non Peer-reviewed Article

黄砂共同研究の見えない壁

In 環境新聞
Non Peer-reviewed Article

先に通達、後から立法

In 環境新聞
Non Peer-reviewed Article
In Miyagi University of Education Environmental Education Centre Research Bulletin
Author:
Satoshi Shimano
Disaster Risk Reduction (DRR) is an increasingly important issue on the global agenda with great effort being made through policy and science to minimize the impacts of disasters on humans and the environment. The paper discusses some components of capacity assessment that are relevant to strengthening DRR capacity and reference is made to the...