Results 1 - 10 of 33 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。 脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。 一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく、令和3年度予算編成におけるグリーンディールの作り込みが急務です。...
Commentary (Op. Ed)
聖教新聞
本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。 本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。
Conference Proceeding
持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(ISAP2019)
持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム(International Forum for Sustainable Asia and the Pacific: ISAP)は、第一線で活躍する専門家、国際機関、政府、企業、NGO関係者が集い、アジア太平洋の持続可能な開発に関する多様な議論を行う国際フォーラムです。主催機関である(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)および国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)が関与している国際的なネットワークと協力しつつ、関係者間の情報共有の促進や連携強化を図ることを目的として、毎年日本で開催しています。 ISAP2019の全体テーマは「包摂的な転換(トランジション): 地域循環共生圏の実現に向けたマルチステークホルダーの協力」で...
Conference Proceeding
International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP2019)
The International Forum for Sustainable Asia and the Pacific (ISAP) is held annually to share information and facilitate diverse discussions on sustainable development in Asia and the Pacific, with the participation of front-line experts and diverse stakeholders from international organisations, governments, business and NGOs. ISAP began in 2009 as...
Policy Report
Author:
UNEP
Secretariat
GEO-6
High Level Intergovernmental and Stakeholder Advisory Group (HLG)
GEO-6
Scientific Advisory Panel (SAP)
GEO6
Co-chairs and Authors
GEO-6
Government Representatives
The Global Environment Outlook (GEO) is the result of a consultative and participatory process to prepare an independent assessment of the state of the environment, the effectiveness of the policy response in addressing environmental challenges and the possible pathways to achieving various internationally agreed environmental goals. The GEO is a...
Report Chapter
In Global Environment Outlook - GEO-6: Healthy Planet, Healthy People
Author:
Christian
Loewe
Providing a decent life and well-being for nearly 10 billion1 people by 2050, without further compromising the ecological limits of our planet and its benefits, is one of the most serious challenges and responsibilities humanity has ever faced. People worldwide rely on the smooth functioning of Earth’s natural life-support systems, in different...
Report Chapter
In Global Environment Outlook - GEO-6: Healthy Planet, Healthy People
Author:
Paul
Lucas
Detlef
van Vuuren
Fintan
Hurley
An analysis of pathways towards sustainable development needs a long-term vision. Ideally, such a vision is summarized in a quantitative set of globally agreed key objectives or targets. The 2030 Agenda for Sustainable Development, adopted in September 2015, conceptualizes sustainable development through 17 SDGs and is further operationalized...
Peer-reviewed Article
In Global Policy
This article argues that the environment was extensively incorporated into the Sustainable Development Goals (SDGs), with broad and ambitious targets, reflecting environmental concerns throughout the SDGs. Many environment‐related targets – including some of the most important ones – were placed under ‘non‐environmental’ goals. The SDGs also...
Peer-reviewed Article
In 環境経済政策研究
Author:
Soocheol
Lee
Unnada
Chewpreecha
第五次環境基本計画は,環境・経済・社会問題が相互に連関しているという認識のもと,それを解決するために,持続可能な開発目標(SDGs)およびパリ協定の採択という時代の転換点を契機とする新たな文明社会へのパラダイムシフトを要請している.本稿は,このようなパラダイムシフトにつながる政策として,第五次環境基本計画の重点戦略を支える「地球温暖化対策計画」(2016年5 月13 日閣議決定)の長期目標である2050 年までに80%の温室効果ガス(GHG)の排出削減を達成することを目的とした本格的な炭素税導入を核としたグリーン税制改革を取り上げ,グリーン税制改革によって豊かな暮らしを維持すると同時に大幅なGHG 排出削減を達成することが可能であることを示した.