Results 1 - 8 of 8 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In KOSMOS

This article was originally published in KOSMOS 7 (2020), a publication of the Expo '90 Foundation.
This article discusses the need to redesign society to realise transformative change and to reconsider the relationship between humans and nature, which is considered to be a root cause of the pandemic of COVID-19. The Triple R Framework proposed by...

Non Peer-reviewed Article
In Gastronomica

This short article offers a vignette of experiences with food and COVID-19 in Zushi City, Japan early in the pandemic to shed light on the vulnerabilities of the country’s food system. It illustrates how national policies to control the spread of infection affected consumer behavior on the ground and raises larger questions about the sustainability...

Non Peer-reviewed Article
In MASHING UP

オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。

本記事は、その一環として都市をテーマに、「一人ひとりが変わるとまちが良くなる。みんなでやるともっと良くなる」という切り口から個人がどう都市の持続可能性に貢献できるのか、取り上げました。

Non Peer-reviewed Article
In Miyagi University of Education Environmental Education Centre Research Bulletin
Author:
Satoshi Shimano

Disaster Risk Reduction (DRR) is an increasingly important issue on the global agenda
with great effort being made through policy and science to minimize the impacts of disasters on humans and
the environment. The paper discusses some components of capacity assessment that are relevant to
strengthening DRR capacity and reference is made to the...

Non Peer-reviewed Article
In United Nationa University Article
Author:
Joni Jupesta

There have been growing concerns over the protective measures needed, particularly with respect to energy and infrastructure systems within cities that are also experiencing mounting risks and exposure levels. In order to avoid risks and damage, and to strengthen resilience to natural disasters, national and local governments need to be prepared...

Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

本稿は、コロナ禍における大気汚染・気候変動・保健の関係性を説明し、これらの課題に対する統合的なアプローチの必要性を強調している。各国でコロナ復興策が決定される中、より良い復興を実現するには、短期的にはコロナ対策を実施し、長期的には温室効果ガス(GHG)を多く排出するような開発を避けるといった、統合的な判断が鍵となる。IGESのトリプルRフレームワークを活用し、大気の質や気候、ひいては健康の向上につながるための統合的な取り組みについて述べている。

本稿は、Asian Co-benefits Partnershipのポリシーブリーフ(英語のみ)の一部を基に再構成されたものである。

Non Peer-reviewed Article
In 地球環境研究センターニュース

10月26日の菅首相の所信表明で、ようやく2050年脱炭素社会日本へ移行の号砲が鳴った。菅首相の宣言後、なぜ温室効果ガスの排出実質ゼロなんだとか、2050年までに脱炭素社会ができるのか、といった論議がある。しかしこれはできるできないではなく、宣言があろうがなかろうが、立ち向かわざるを得ない人類生存の問題、自然の理なのである。

記事全文はこちら:http://www.cger.nies.go.jp/cgernews/2021_special/362001.html