Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。 脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。 一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく、令和3年度予算編成におけるグリーンディールの作り込みが急務です。...
Commentary (Op. Ed)
聖教新聞
本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。 本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。
Presentation
多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会
本資料は、2020年8月22日に開催された、多摩市気候非常事態宣言 記念 オンライン講演会での発表資料です。 1.「気候危機」は、誰にとって、どのようなリスクなのか、2. 気候危機に取り組むため、国や自治体、ビジネスがどのような行動を開始しているのか、3.コロナ禍から、どのように「より良い回復」(グリーン・リカバリー)を目指すのか、4.強靱、持続可能で脱炭素型の地域とライフスタイルへの転換をどう進めるのか についてまとめています。
Commissioned Report
気候変動による気象災害のリスクが高まると予測されている中で、災害に備える「適応」と将来の災害ハザードを低減する「緩和」の両面を考える「気候変動×防災」の視点から現状と課題を共有し、今後の検討の進め方について議論することを目的として、「気候変動×防災」国際シンポジウム及び専門家ワークショップの開催が予定されている。本報告書は、これら会合に関する支援業務の結果をまとめたものである。
Keywords:
Book Chapter
In Biofuels and Sustainability: Holistic Perspectives for Policy-making
In the beginning of the biofuel boom in the late 2000s, there were high expectations in many Asian countries that biofuels could enhance energy security, provide jobs, and reduce greenhouse gas (GHG) emissions. There were hopes that biofuels could be produced and consumed on a large scale and high expectations of significant biofuel trade. Some...
Training or Learning Material
IGES Making Our Cities Climate-Sensitive e-Learning Video Series comprises two videos: 1) Overcoming floods in the Philippines: A story of climate change adaptation and mitigation , 2) Participatory watershed land-use management approach: Interfacing science, policy and participation for effective decision making These two educational videos...
Training or Learning Material
IGES Making Our Cities Climate-Sensitive e-Learning Video Series comprises two videos: 1) Overcoming floods in the Philippines: A story of climate change adaptation and mitigation , 2) Participatory watershed land-use management approach: Interfacing science, policy and participation for effective decision making These two educational videos...
Presentation

Participatory Watershed Land-use Management: An approach for integrated climate change actions

Urban Resilience to Climate Change and Green Growth in Critical Watersheds of the Philippines
Author:
Damasa B. Magcale-Macandog
Milben A. Bragais
Policy Report
This research report assesses water scarcity and its impacts on smallholder subsistence livelihoods in the context of climate change in Nepal, a mountainous country located entirely within the Ganges River Basin. It identifies and analyses existing coping responses and assesses options for introducing an adaptive response strategy to improve...