Results 1 - 10 of 15 (Sorted by date)
Commissioned Report
IIASA理事会が2019年6月17日~18日と2019年11月18日~19日に本部(オーストリア・ウィーン)にて開催され、IGESより1名が同理事会に出席した。IIASAでの研究の動向等に関する情報収集を行うとともに、理事会に係る議事録作成等の支援を行った。IIASAの活動に効果的に関与するための検討を行うため、IIASA日本委員会規約に基づき選出された9名の委員から成る日本委員会に係る会合及び連絡調整を行った。 また、環境省がこれまで進めてきたコベネフィット・アプローチ事業への貢献を念頭に、ACP/IIASA 合同国際ワークショップ「アジアの大気汚染と気候変動に対する解決策の実施:能力構築、政策強化、および技術への資金調達」を開催し、アジア地域が直面する環境問題へのコベネフィット...
Commissioned Report
IIASA理事会が2018年6月25日~26日にオーストリア・バーデンにて、また2018年11月12日~13日に本部(オーストリア・ウィーン)にて開催され、IGESより1名が同理事会に出席した。IIASAでの研究の動向等に関する情報収集を行うとともに、理事会に係る議事録作成等の支援を行った。IIASAの活動に効果的に関与するための検討を行うため、IIASA日本委員会規約に基づき選出された10名の委員から成る日本委員会に係る会合及び連絡調整を行った。 また、環境省がこれまで進めてきたコベネフィット・アプローチ事業への貢献を念頭に、国際ワークショップ「アジア諸国は大気汚染と気候変動にどのように対処できるのか?影響の評価から対策の実施へ」を開催するとともに...
Book Chapter
In Realising the Transformative Potential of the SDGs
* In this report, “sustainable technology” contributes to sustainable development, but the technology itself is not necessarily sustainable. * Accelerating the adoption and use of “sustainable” technology in all countries is necessary to achieve a transformation to sustainability. * Technology is prominently highlighted in the SDGs as a means of...
Briefing Note
On 5-8 September 2017, the Asia-Pacific Ministerial Summit on the Environment (the Summit) was convened in Bangkok, Thailand. This briefing note draws upon the observations of researchers from the Institute of Global Environmental Strategies (IGES) to underline key points involving the SDGs, air pollution, and resource efficiency that stood out...
Presentation
APEC Capacity Building Workshop on Environmental Provisions in FTAs/RTAs
Author:
This presentation emphasizes the importance of assessing not only the environmental impacts, but also the broader sustainability impacts and linkages to Sustainable Development Goals (SDGs) of recent efforts to negotiate trade agreements in the Asia Pacific region. Other questions to be addressed include who should conduct those assessments, when...
Book Chapter
In Handbook of Disaster Risk Reduction and Management
This chapter uses the Japan National Report on Disaster Reduction to the World Conference on Disaster Risk Reduction (Kobe, Japan) in 2005 and the National Progress Report on the Implementation of the Hyogo Framework for Action (2011-2013) premised on the Hyogo Framework for Action priority areas format to assess the status of disaster risk...
Briefing Note
This Briefing Note explores the implications for climate change, green finance, and Sustainable Development Goals (SDGs) of the G20 Summit which was held in Hamburg, Germany, on 7-8 July 2017. On climate, the final encouraging result was a consensus among all countries except for the US to maintain strong support for implementation of the Paris...
Commentary (Op. Ed)
IISD SDG Knowledge Hub Guest Articles
This article proposes a conceptual framework that identified five types of Goals, and explains the complex relationships among them. Means-type goals can be classified into five categories, by function: resources, environment, education, economy, and governance. Approaching the SDGs as a system where different goals play different roles can help to...
Commissioned Report
本業務は、アジア域内での環境協力の更なる促進を図るため、以下の5つを主要コンポーネントとし、これらの統合的実施を図り、CAIの幅広い普及と日本国の戦略的国際環境協力の推進に貢献することを目的とするものである。 1.アジアの都市における環境対策を強化するための概要調査、2.アジア諸国との各種会合支援及び調査業務、3.環境的に持続可能な都市(ESC)に関る調査等業務、4.アジア・太平洋島嶼国における環境問題の現状に係る調査業務、5.環境省が実施する取組に関する情報発信業務
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords: