Results 1 - 7 of 7 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
「北摂里山地域循環共生圏」が目指す姿は、西谷、中谷、東谷の3地区のそれぞれの強みと弱みを補完し、融合を進めることで、豊かな自然環境を保全し、さらに近接する都市部住民との交流を積極的に促すことにより地域経済を活性化し、里山文化保全を中心とした地域循環共生圏モデルを形成することです。その実現に向けた具体的な活動として、以下の5つを実施する。 1) 太陽光発電と農業を両立させたソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)の普及・拡大 2) 間伐材や剪定枝葉を原料とした木質チップやペレットの生産及び乳牛ふん尿からのバイオガス生成等のバイオマスの利活用 3) 太陽光発電による電力及びバイオガス(バイオ燃料)利用によるクリーンで住民及び訪問者の需要に応じた地域交通システムの構築 4) 農畜産物や市民農園...
Keywords:
Commissioned Report
エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。 1.低炭素技術の国際的評価と効率的な普及方策; 1) 日本の低炭素技術の国際普及に向けた技術マッチメイキング・プラットフォームの効果の評価とその強化策の検討及び評価、2) JCM スキームによる低炭素技術の国際普及による効果等の評価及び同技術の効果的な普及策の提案、インド及びタイにおける活動の成果の共有並びに今後の活動・連携強化に関する協議等をおこなうため、3) 国内検討会を開催し、活動を総括した。 2. 都市間連携事業のスケールアップに向けた評価・検証; 2013 年度以降に実施してきた案件形成事業から選定した事業に関して1) これまでの実施事業に対するレビュー...
Working Paper
Although Japan and India have long considered the possibility of establishing the JCM as has been stipulated in joint statements between these two countries, an official bilateral document to start the JCM has not yet been signed. The JCM is one of the market-based mechanisms which involves Internationally Transferred Mitigation Outcomes (ITMOs)...
Commissioned Report
本業務は、この新たに策定された行動計画のうち、「気候変動対応」と「グリーン経 済への移行」の2分野に関連する共同研究について、これまで三カ国で実施してきた共 同研究の内容及び成果を踏まえ、今後の研究方針計画を策定し、中国及び韓国の担当者 と協議を行い、三カ国間で今後の進め方を提案することを目的とする。このほか、我が 国がTEMM の枠組みをはじめとする数多くの環境協力を中国及び韓国と行っているこ とに鑑み、今後のTEMM に関する行動計画をはじめ、中国及び韓国との環境協力の効 率的な推進のため、中国及び韓国における環境行政の体制及び活動実態について分析し、 これをまとめた資料を作成することを目的とする。また、平成28 年4月、第18 回 TEMM(TEMM18)は、静岡市にて開催された...
Keywords:
Commissioned Report

平成26年度 日中韓三カ国環境大臣会合共同研究実施業務 業務報告書

本業務では、平成22 年5月に開催された第12 回TEMM(TEMM12)で合意した「環境協力に係る日中韓三カ国共同行動計画」に基づき、「グリーン成長及び低炭素社会に関する共同研究」及び「北東アジアの環境ガバナンスに係る共同研究」を行った。
Commissioned Report

平成26 年度 日中韓三カ国環境大臣会合共同研究実施事業 「北東アジアの環境ガバナンスに係る共同研究」 報告書

Commissioned Report
本業務では、平成22 年5月に開催された第12 回TEMM(TEMM12)で合意した「環境協力に係る日中韓三カ国共同行動計画」に基づき、「グリーン成長及び低炭素社会に関する共同研究」及び「北東アジアの環境ガバナンスに係る共同研究」を行った。