Results 1 - 10 of 282 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other
Tonle Sap Lake is the largest flood-pulsed freshwater lake in Southeast Asia, supporting the livelihoods of millions of people living on and around the lake. However, recent changes in the lake water environment due to deterioration of water quality and decline in biological resources have caused various problems to local people living in floating...
Book Chapter
In Climate Change Governance in Asia
Author:
Asia is an extremely diverse region, in terms of the political regimes of its constituent countries, and of their level of development and the nature of their civil societies. As such, its countries are producing a wide range of governance approaches to climate change. Covering the diversity of climate change governance in Asia, this book presents...
Working Paper
Enhanced collaboration with countries with advanced technologies is essential to closing greenhouse gas (GHG) mitigation gaps in developing countries’ energy consuming and producing sectors. However, traditional models of technology transfer tend to focus on the sale of expensive technologies to developing countries, often subsidised through aid or...
Peer-reviewed Article
In 繊維製品消費科学
本稿は第 36 回消費科学講座での講演の解説原稿である。IGESが実施した調査結果等に基づき、SDGs の意義と世界の現状、日本企業による SDGs の取組状況、企業が SDGs の取組を強化するための視点を提供している。
Peer-reviewed Article
In Travel Behavior and Society
The spread of online taxi services is transforming mobility patterns in many of the world’s rapidly motorizing cities. Yet few studies have systematically assessed which factors are behind this transformation. This article fill this critical knowledge gap for the three fast-growing cities of Indonesia, namely, Semarang, Bogor and Bandung. The...
Commissioned Report
2015年9月に持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs)を含む2030アジェンダが採択され、実際に始動してから5年目に入り、各国政府、国内外の企業や地方自治体、市民社会などの間でも認知度が高まり、SDGsへの取組が本格化している。しかし現時点で、まだまだステークホルダーによる実施の進捗の速度は十分ではなく、現在のペースで実施を継続しても、世界全体でどのSDGsも達成することが出来ないと各種レポート(2018年度版SDGsインデックス&ダッシュボードやESCAPの2019年度SDGs進捗報告書等)で指摘されている。 本業務では引き続き、国内外でのSDGsの実施とそれに深く関連する施策推進するため、過去の業務で得られた知見とネットワークを活用し...
Non Peer-reviewed Article
In かんきょう横浜
横浜市環境保全協議会が年6回発行する「かんきょう横浜」に、IGESの研究員が交代で寄稿しています。今回は、過去の連載を振り返りつつ、企業によるSDGsの取組みについて現時点で筆者が考える重要なポイントを解説しています。
Commissioned Report

平成31年度環境省請負業務 コベネフィット・​アプローチ推進に係る国際パートナーシップ​等事務局業務

This report is for FY2019 contract work with the Ministry of Environment, Japan as the Secretariat of the Asian Co-benefits Partnership (ACP) for the international partnership for promotion of co-benefits approach.
Policy Report
Author:
Kaye
Patdu
Elsa
Lefevre
Arnico
Panday
Bjarne
Pederson
Dang
Espita
Adelaida
Roman
Hooman
Farzaneh
Ittipol
Pawarmart
Supat
Wangwongwatana
Virender
Duggal
Zacharias
Malik
Chris
O'Malley
Johan
Kuylenstiern
Kevin
Hicks
Markus
Amann
Zbigniew
Klimont
Janusz
Cofala
The ACP White Paper 2020 offers policymakers pragmatic recommendations on how they can mobilise finance, strengthen policies, and build capacities to implement at scale many of the 25 solutions in UNEP’s Air Pollution in Asia and the Pacific: Science-based Solutions.
Policy Report
一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES=アイジェス)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について、日本企業の取り組み実態に関する最新の調査結果をとりまとめた、SDGs日本企業調査レポート2019年度版「ESG時代におけるSDGsとビジネス~日本における企業・団体の取組み現場から~」を3月5日(木)に発刊しました。 4年目となる今回のレポートでは、GCNJ会員(335企業・団体)へのアンケート調査結果と金融機関・事業会社へのヒアリング結果をもとに、GCNJ会員のSDGsに関する認知度や取り組み状況の経年変化を分析しています。また、新しい経営戦略のひとつとして注目を集めているESG(企業経営における環境...