Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Policy Brief
国際社会では、持続可能な発展を促進する上で、地方自治体の役割への期待が高まっており、日本では、能力と国際志向に富む一部の地方自治体が、途上国との環境国際協力に積極的に取り組んできた。しかしそれらの自治体においても、近年は財政状況が悪化する中で、環境協力に対する市民の理解が得られにくくなることが懸念されている。  本ポリシー・ブリーフでは、地方自治体が環境国際協力の資金調達手段として、炭素クレジット、カーボンオフセット、エコポイント等を利用できる可能性があること、このほか、地域の環境教育や環境ビジネスとの連携という側面からの実施について、市民の理解が得られる可能性があることを紹介している。 環境国際協力のすぐれた実績を有する横浜市及び北九州市で実施された市民調査によれば...
Policy Brief
The global community is expecting local governments to play an increasingly important role in promoting sustainable development. However, the ability of local governments to do so, especially in some developed countries, may be weakening due to a possible decline in citizen interest and support as well as worsening fiscal and other constraints...
Policy Brief
This policy brief proposes a phased reform of the United Nations Environment Programme (UNEP) as one means of enhancing international environmental governance. The first phase would provide universal membership to UNEP's Governing Council, and in the second phase it would be upgraded into a specialised agency. If implemented, this reform could...
Policy Brief
国際的な環境ガバナンスの強化に向けて、本ポリシー・ブリーフでは、国連環境計画(UNEP)管理理事会への普遍加盟方式の導入を足掛かりに専門機関への昇格を目指す段階的なUNEP改革を提案しています。また、同改革により、環境政策の有効性・正当性・影響力が高まる可能性も示唆しています。Remarks:English version: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid=3498
Commentary (Op. Ed)

Public involvement in shaping decisions and outcomes is important for the Rio+20 preparation process.