Results 1 - 10 of 44 (Sorted by date)
Presentation
推進費2-1908、1-2002、1-2003 国民対話シンポジウム 日本の2050年脱炭素社会

本発表では、ネット・ゼロ社会の実現を図るための考え方の一つを示します。具体的には、広範な社会変革を伴いながらネット・ゼロ社会を実現していくトランジションシナリオと、様々な事情により社会変革がほとんど起きないロックインシナリオの2つのシナリオを対比しながら、エネルギー需要の動向を中心とした定量的な分析結果を紹介いたします。加えて、トランジションシナリオを中心に、本レポートで展望した定性的な社会像を紹介いたします。

Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

2019年から2020年にかけて、英国をはじめとして、ドイツ、フランス、EU、中国、日本、韓国などの世界の主要国において、2050年までに温室効果ガス(GHG)排出量を正味ゼロにする目標(以下、ネット・ゼロ)が相次いで打ち出された。さらに、米国の次期大統領であるバイデン氏は選挙期間中に発表した公約の中で、2050年までにGHG排出ネット・ゼロを実現すると表明している。今や、ネット・ゼロを達成した世界をいかに展望し、そこにどのような道筋で到達するかに真摯に取り組む時代に突入した。

このような中IGESでは、2020年6月に研究レポート「ネット・ゼロという世界-2050年日本-」を日本国内では先駆けて公表した。本レポートをもとに、日本とアジアのネット・ゼロの世界像について記述した。

Commissioned Report

脱炭素社会の実現を見据えて、九都県市(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市、千葉市、さいたま市、相模原市をいう。以下同様。)の都市区域における脱炭素型のライフスタイルに関する調査を行う。具体的には、九都県市都市区域内における、温室効果ガス(GHG)排出量、エネルギー、交通、住宅などのデータを収集し、行政区域または業種などの枠組み毎に、2050 年頃までにGHG 排出量のネット・ゼロを達成しうる脱炭素型のライフスタイル(例:仕事、移動、余暇など)の在り方について整理する。調査の際には、国内外におけるネット・ゼロ社会に向けた戦略作成に関する国や地方政府の取組事例等を参考にする。また、本調査は昨今の新型コロナウィルス感染症拡大による、新たな社会との調和についても加味したものとする。

...
Presentation
Policy dialogue under the city to city collaboration between Da Nang and Yokohama toward low-carbon smart city
Author:

The presentation at the policy dialogue meeting under the city to city collaboration (between Da Nang and Yokohama) project funded by Ministry of Environment Japan. IGES presented the key GHG reduction potential areas and targets for formulating climate action plans in Da Nang city. The further research consortium was also suggested involving key...

Discussion Paper
Author:
Diego
Silva Herran

This paper highlights the challenges for realising Japan's long-term strategy (LTS) for decarbonisation, also referred to as the mid-century strategy (MCS), and the role of scenario analysis in the formulation and strengthening of this strategy. Although the government of Japan declared on 26 October 2020 to reduce greenhouse gas (GHG) emissions to...

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

Presentation

Policy options for the decarbonisation of the power sector (DPS) through “Just transition” in Japan -Estimation of direct and indirect employment impact at the local level-

Twelfth Annual Meeting of the IAMC

Contents of this presentation
- Application of model results for transition analysis; An approach for feasibility studies
- Focusing job issue (ca. Just Transition) to enhance the mitigation targets
- Analyzing job impact at the national/sub-national context under the decarbonization of the power sector

Book Chapter
In Emission Gap Report 2019
Author:
Takeshi
Kuramochi
Michel
den Elzen
Peters
Glen

This chapter assesses the latest trends in greenhouse gas (GHG) emissions as well as progress of G20 economies towards both the Cancun pledges for 2020 and Nationally Determined Contributions (NDCs) for 2025 and 2030.

Report can be download from here.
https://www.unenvironment.org/resources/emissions-gap-report-2019

Presentation
Author:
Tashi
Wangmo
Benjamin
D. Leibowicz

The research was presented at the Joint IIASA - RITE International Workshop,Towards Improved Understanding, Concepts, Policies and Models of Energy Demand - held in November 2019, Laxenburg, Austria.

Peer-reviewed Article
In Energy Strategy Reviews

This paper explores Japan's energy and emissions-related choices up to 2050 using the Japan 2050 Low Carbon Navigator (Low Carbon Navigator), an energy and emissions scenario simulation tool based on the 2050 Pathways Calculator model. Using illustrative examples and scenarios, the paper demonstrates some unique features of the Low Carbon Navigator...