Results 1 - 10 of 1100 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Frontiers in Ecology and Evolution
Author:
Chihiro
Haga
Marimi
Maeda
Wataru
Hotta
Takahiro
Inoue
Takanori
Matsui
Takashi
Machimura
Masahiro
Nakaoka
Junko
Morimoto
Hideaki
Shibata
Shizuka
Hashimoto
The introduction of renewable energy (RE) is essential for building a sustainable society. However, RE can cause conflicts between energy production and biodiversity conservation. This study conducted a scenario analysis to evaluate potential conflicts in the nexuses between energy and biodiversity for the Bekambeushi River watershed located in...
Book Chapter

Numerical Simulation to Quantify Present Statusand Future Prediction of Water Quality of To-Lich River, Hanoi, Vietnam

A few decades ago, the surface waterbodies in Hanoi, Vietnam, were an important source of water for various usages. However, because of the rapid global changes, the current status of most of the river system is very critical from the environmental, aesthetic and commercial usage points of view. Henceforth, this research work focused on assessing...
Briefing Note
ポイント IPBES地球規模評価報告書は、自然は人類の生存やSDGs達成に欠かせない基盤であり、この基盤が急速に失われていると報告した。SDGsの達成や自然との共生に向けて、経済、社会、政治、技術をまたぐ変容(トランスフォーマティブ・チェンジ)が求められる。 生物多様性と気候変動は不可分の課題である。2℃の気温上昇でサンゴ礁が99%減少するといった予測結果が示すように、気候変動が生物多様性を大きく損なう。一方、気候変動緩和目的の大規模なバイオエネルギー生産は生物多様性や食料や水の供給を脅かす。こうした生物多様性と気候変動の相互関係についてIPCCとIPBESの合同技術報告書の作成が予定されている。 新型コロナウイルスの感染拡大から人と自然との関わり方を問い直す必要がある...
Peer-reviewed Article

Participatory Approach for More Robust Water Resource Management: Case Study of the Santa Rosa Sub-Watershed of the Philippines

In Water
Author:
Due to the cumulative effects of rapid urbanization, population growth and climate change, many inland and coastal water bodies around the world are experiencing severe water pollution. To help make land-use and climate change adaptation policies more effective at a local scale, this study used a combination of participatory approaches and computer...
Peer-reviewed Article

Monitoring Effect of Spatial Growth on Land Surface Temperature in Dhaka

In Remote Sensing
Author:
Md. Mustafizur
Rahman
Ram
Avtar
Ali P.
Yunus
Jie
Dou
Prakhar
Misra
Wataru
Takeuchi
Netrananda
Sahu
Ali
Kharrazi
Shamik
Chakraborty
Tonni Agustiono
Kurniawan
Spatial urban growth and its impact on land surface temperature (LST) is a high priority environmental issue for urban policy. Although the impact of horizontal spatial growth of cities on LST is well studied, the impact of the vertical spatial distribution of buildings on LST is under-investigated. This is particularly true for cities in sub...
Submission to Policy Process
2015年、国際社会は「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中核となる「持続可能な開発目標(SDGs)」を採択しました。そして多くの国が、国連が主導する「自発的国家レビュー(VNR)」のプロセスを通じて、SDGsの実施に向けた取り組みを公開・共有しています。新しい開発アジェンダの実現のために各国が進める幅広い政策と予算の一部が、このプロセスを通じて明らかになりました。しかしながら、アジア太平洋地域の政策立案者は、SDGs達成に向けた取り組みをさらに加速させる必要があります。 2019年9月に公表された「持続可能な開発に関するグローバル・レポート(GSDR)」の最新版では、SDGsの進展を加速するために重要な6つの「エントリーポイント」が提案されました。2020年の...
Peer-reviewed Article
In Land
Author:
Shruti
Lahoti
Ashish
Lahoti
Rajendra
Joshi
Nagpur is rapidly urbanizing, and in the process witnessing decline in its green status which is one of the identities of the city. The study aims to understand the current species diversity, composition and structure in different classes of greens prevalent in the city. As urban green spaces (UGS) are also reservoirs of carbon stock, the study...
Commissioned Report
平成29 年5 月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)が施行された。また、平成29 年11 月から、同法に基づく木材関連事業者の登録が開始された。 このような背景の中、木材関連事業者による木材等の合法性確認等の取組を一層推進するため、本事業が実施された。本事業の目的は、木材関連事業者が効率的に木材等の合法性確認等の取組を実施できるよう、生産国における木材の流通や関連法令に関する情報を収集することである。 調査対象国は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ロシア、ベトナム、中国の計5カ国であり、それぞれの国において木材流通状況、関連法令・許認可制度、その他参考情報等が収集された。
Commissioned Report
気候変動による気象災害のリスクが高まると予測されている中で、災害に備える「適応」と将来の災害ハザードを低減する「緩和」の両面を考える「気候変動×防災」の視点から現状と課題を共有し、今後の検討の進め方について議論することを目的として、「気候変動×防災」国際シンポジウム及び専門家ワークショップの開催が予定されている。本報告書は、これら会合に関する支援業務の結果をまとめたものである。
Keywords:
Peer-reviewed Article
In Journal of Johkasou
Author:
Abfertiawan Muhammad Sonny
The Asian region continues to experience rapid population growth, urbanisation, industrialisation and changes in consumption patterns, including shifting diets toward highly water-intensive foods such as meats, which have led to a significant increase in water demand, placing a huge burden on water infrastructures in many countries of the region...