Results 1 - 10 of 1010 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第60回/June 2020 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Submission to Policy Process
According to the World Bank (2018), global annual waste generation is expected to jump from 2.01billion tonnes in 2016 to 3.40 billion tonnes over the next 30 years, and this trend is especially true in developing countries in Asia and Africa. This suggests that there has been very little success in reversing the trend of the increased generation...
Working Paper
Southeast Asian Studies at the University of Freiburg (Germany), Occasional Paper Series
Author:
Lukas Maximilian
Müller
In the race for infrastructure connectivity across Asia, several states have established initiatives to provide funding for developing countries. Chief among these are the Chinese Belt and Road Initiative (BRI) and the Japanese Partnership for Quality Infrastructure (PQI). The most recent addition to these competing multilateral initiatives in...
Non Peer-reviewed Article

北京事務所長小柳秀明コメント 6月3日人民日報第3面掲載記事

In 人民日報
2020年6月3日発行の人民日報3面に掲載されました北京事務所長小柳秀明による中国の大気環境に関するコメント記事をご紹介致します。
Translation of non-IGES Material
Author:
International Resource Panel
国際資源パネル(IRP)作成の本ファクトシートは、日本で開催された2019年G20資源効率性対話(G20 Resource Efficiency Dialogue 2019)への貢献として、日本国環境省およびIGESとの協力の下、「世界資源アウトルック2019:我々が求める未来のための天然資源("Global Resources Outlook 2019: Natural Resources for the Future We Want")」報告書のために実施した研究に基づき作成されました。本翻訳は、G20各国(EUを含む)分あるファクトシートのうち日本を対象とした分析を翻訳したものです。
Translation of non-IGES Material
Author:
International Resource Panel
国際資源パネル(IRP)作成による報告書「資源効率性と気候変動:低炭素未来に向けた物質効率性戦略("Resource Efficiency and Climate Change: Material Efficiency Strategies for a Low-carbon Future")」の要点をまとめたファクトシート。報告書は、資源効率性を持続可能な開発の達成に向けた重要要素のひとつに位置付けるG7の要請により作成され、住宅建物および軽量車両の生産・使用における物質効率性の向上によりもたらされる気候変動緩和の可能性を分析し、具体的な政策アプローチを検討しています。
Non Peer-reviewed Article
In 新型コロナパンデミックは中国の⼤気環境を改善したか︖
今年第⼀四半期に中国で⼤流⾏した新型コロナウイルス感染症の影響により、中国の⼤気汚染が具体的にどの程度改善されたのかについて、中国政府が公式に発表している⼤気環境モニタリングデータを⽤い、地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明がマクロ的に考察した結果を紹介。
Non Peer-reviewed Article
In 中国における新型コロナウイルス感染症の流行と大気環境の改善に関するマクロ的な考察(速報)
中国において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行し、都市封鎖や外出等の制限が行われた2020年2月及び3月の大気汚染の状況について、流行前の状況及び前年同期の状況と比較した。単純な比較では25~38%程度改善されていたが、流行前後の季節変化による影響や毎年の大気汚染対策の進展による改善効果等を考慮して改善の程度を推定すると、新型コロナウイルス感染症の流行による社会経済活動の縮小により大気環境が20%程度改善されたのではないかと推計された。