Results 1 - 10 of 49 (Sorted by date)
Working Paper
中国にとっての2019年と2020年の前半は、世界経済の鈍化、米中貿易摩擦の長期化、コロナ問題の勃発など、山積の課題に対処しなければならない時期であった。米中貿易摩擦の影響もあり、中国の2019年のGDPは前年比6.1%の成長に止まった。 2020年1月-3月におけるGDP成長率は、昨年同時期に比べ6.8%下落するなかで開催した中国第十三期全国人民代表大会第3次会議では、内需拡大、雇用安定にフォーカスした政策パッケージを成立させた。  コロナ対策に関連する予算措置規模は、9.2兆元(約147.2兆円)と推計され、「新エネ自動車の普及とEV充電スタンドの拡充」や次世代通信設備や5G技術などへの重点的な投資方針も決まった。  2020年以降における中国経済のGDP成長率が不透明であるため...
Peer-reviewed Article
In Carbon Management
Author:
Hidenori
Niizawa
Daisuke
Hayashi
China announced the launch of a national emissions trading scheme (ETS) in December 2017 for the regulation of its carbon dioxides emissions. In emissions trading, China is likely to encounter issues different from those encountered by the European Union and other developed countries. This study first identifies the contextual factors that...
Peer-reviewed Article
In Energy for Sustainable Development
Using the available information and a standard econometric approach analyzing the time series dataset, this study identifies the interactions between electricity, fossil fuel and carbon market prices in Guangdong, China. The result confirms a long running co-integration between carbon market prices and the prices of coal, diesel and liquid natural...
Discussion Paper
This paper provides some background information on coal industry transition that has occurred recently in China, and shows prospects for better transition management with a focus on employment. Using statistical data and scenario analysis results provided in existing literature, changes in coal consumption, production and international trade in...
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
今年の3月、中国政府が全国人民代表大会(日本の国会相当)に提出した「政府報告書」を詳しく分析すると、2019年における中国政府の主な政策的関心は、環境対策(大気汚染等)、貧困対策(特に農村地域)、製造業のグリードアップ(高い環境性能と国際競争力の追求)、国内制度改革(市場開放、行政の透明化・効率化)、一帯一路戦略の推進、に集中しており、気候変動対策に対する立ち入った記述はない。
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
2020年には2000億元までに拡大するとされる再エネ補助金の未払い問題は、中国政府の大きな悩みである(前回シリーズを参照)。太陽光発電だけを見ても、買取補助額がたった4年間で10倍以上に膨らみ、2013年の57.36億元から2017年の602.82億元に達した。根本的な原因は、設備投資バブルに対し、行政の対策が出遅れたからである。設備設置コストが年々低下したのに対し国が補助基準をタイムリーに見直さなかったことが大きい。
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
2017年末まで、中国が保有する発電設備総量は17.8億kWに達し、内、非化石燃料発電設備容量は6.9億kW、全体設備容量の38.7%を占める。2017年に新規導入した非化石燃料発電設備容量は8988万kWに達し、史上最多の記録を創った。導入量の順番として、太陽光が最も多く、全体の60%を占める5338kW、その後を風力の1952kWと水力の1287万kWが並ぶ。これに対し、石炭火力発電設備の新規導入量は3855万kWに止まり、前年度より142万kW少ない。
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
中国は、再生可能エネルギー(再エネ)設備の導入量を確実に伸ばしている。2018年6月末まで、中国における風力発電、太陽光発電設備導入量は、それぞれ、1.7億kWと1.5億kWに達した。内、太陽光発電設備導入量は、すでに2020年導入目標1.1億kWを4000万kW以上も上回る快挙を果たした。しかし、中国は、長年、再エネ発電量が無駄に捨てられる問題に悩まされている。
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
中国政府は、2016年3月に発表した「中国電力発展に関する第十三次五ヵ年計画」(以下、電力発展計画)に基づき、2020年まで、2.5億kW相当の非化石燃料発電設備を新規導入する予定である。具体的な目標として、2020年まで、水力発電を3.4億kW,風力発電設備は2.1億kW、太陽光発電設備は1.1億kWまで拡大する計画である。
Peer-reviewed Article
In Energy Economics
Author:
Yibing
Zhao
Can
Wang
Yuwei
Sun
This paper studies the effect of carbon emission trading schemes in China and identifies the factors that influence companies' willingness to pay for carbon emissions, as expressed by the increase in energy costs due to the national carbon market. A questionnaire with a multiple-bounded discrete choice format was designed and 555 valid samples were...