Results 1 - 6 of 6 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In グリーン・パワー

本稿は、コロナ禍における大気汚染・気候変動・保健の関係性を説明し、これらの課題に対する統合的なアプローチの必要性を強調している。各国でコロナ復興策が決定される中、より良い復興を実現するには、短期的にはコロナ対策を実施し、長期的には温室効果ガス(GHG)を多く排出するような開発を避けるといった、統合的な判断が鍵となる。IGESのトリプルRフレームワークを活用し、大気の質や気候、ひいては健康の向上につながるための統合的な取り組みについて述べている。

本稿は、Asian Co-benefits Partnershipのポリシーブリーフ(英語のみ)の一部を基に再構成されたものである。

Book Chapter
In Routledge Handbook of Climate Justice

"This Handbook is a timely and significant contribution to the growing body of academic literature on climate justice. It comes at a critical turning point in UNFCCC climate negotiations with the imminent review of the Paris Agreement. It is an excellent knowledge resource bound to be of particular interest to academics, practitioners and students...

Submission to Policy Process

This submission highlights the key findings of the discussion at the Japan-India Climate Policy Research Workshop, held in July 2018 in India. The key messages include:
1.Enhancing multiple co-benefits aids further acceleration of the efforts in reducing the GHGs and other climate relevant emissions to achieve the long-term goal of the Paris...

Presentation

短寿命気候汚染物質(SLCPs)の削減に関する現状と展望

Remarks:

2013年度 IGES地球環境セミナー ~COP19結果速報と今後の展望~ 配布冊子収録

PR, Newsletter or Other
Climate Edge

Remarks:

「クライメート・エッジ」は、気候変動問題を巡る国際交渉の動向や研究成果等、最新の情報を紹介し、官公庁、研究者・学会、マスコミ向けに発行しているIGES気候変動とエネルギー領域のニュースレターです。
気候変動対策の国際交渉や研究に関する旬な話題、日本国内やアジア各国の気候変動およびエネルギー政策の制度設計や将来への展望についてのエッジをきかせた提言、アジア地域を含む主要国の気候変動およびエネルギー政策に関する最新の動きや専門家からの特別寄稿も織り込んでいます。