Results 1 - 3 of 3 (Sorted by date)
Presentation
High Level Political Forum on Sustainable Development 2020 Side Event "Satoyama Initiative – Societies in Harmony with Nature: An inclusive approach for communities, landscapes and seascapes"

This presentation is about the critical role of socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS) for the achievement of Sustainable Development Goals (SDGs) and the Post-2020 Global Biodiversity Framework. It overviews the Satoyama Initiative, including the Satoyama Development Mechanism, and discusses resilience in the face of COVID-19...

Commentary (Op. Ed)

10月26日に行われた、菅内閣総理大臣の所信表明演説で「2050年脱炭素社会の実現」を目指すとした方針についての、IGESコメントです。

脱炭素化の方向性と時間軸を明確に示すことは、企業や投資家の長期的視点に立った経営・投資判断を支えることにつながります。また、2050年脱炭素化は、パリ協定が目指す1.5℃目標にも整合する非常に野心的な目標で、総理大臣自らが2050年脱炭素化社会の実現を宣言したことをIGESは大いに歓迎します。

一方で、新型コロナウイルスによって減速した日本経済の立て直しに向けた経済復興策は、欧州における「欧州グリーンディール」のような、経済刺激策を気候変動やその他の環境課題への対策と結び付ける対策が乏しく...

Briefing Note
ポイント
  • IPBES地球規模評価報告書は、自然は人類の生存やSDGs達成に欠かせない基盤であり、この基盤が急速に失われていると報告した。SDGsの達成や自然との共生に向けて、経済、社会、政治、技術をまたぐ変容(トランスフォーマティブ・チェンジ)が求められる。
  • 生物多様性と気候変動は不可分の課題である。2℃の気温上昇でサンゴ礁が99%減少するといった予測結果が示すように、気候変動が生物多様性を大きく損なう。一方、気候変動緩和目的の大規模なバイオエネルギー生産は生物多様性や食料や水の供給を脅かす。こうした生物多様性と気候変動の相互関係についてIPCCとIPBESの合同技術報告書の作成が予定されている。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大から人と自然との関わり方を問い直す必要がある...