Results 1 - 10 of 37 (Sorted by date)
Policy Brief
1997年に採択された京都議定書は、先進工業各国毎に異なる温室効果ガスの排出抑制・削減義務を課し、第一約束期間中(2008〜12年)に先進工業国全体として温室効果ガスを1990年比で少なくとも5%削減することを目標として定めている。国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局が、2006年5月にとりまとめた京都議定書目標達成に向けた進捗状況に関する報告書(FCCC/SBI/2006/INF.2)によると、議定書批准先進工業諸国の2003年の総排出量は、経済移行国で経済活動が停滞したため、1990年比で6.2%減少し、先進工業諸国全体での削減目標については達成できそうな見通しである。他方で、各国の状況を個別に見てみると、日本やEUの一部の国は、目標達成が危うい状 況にある。...
PR, Newsletter or Other
Topics: - Sino-Japan CDM (Clean Development Mechanism) Cooperation Programme Investors' Forum - IGES Holds Consultations with Key Asian Stakeholders on Climate Regime Beyond 2012 - The Ryutaro Hashimoto APFED Awards 2006: Winners Announcement - IGES Co-hosts South Asia 3R Expert WorkshopRemarks:English version: http://pub.iges.or.jp/modules...
Presentation

アジアの環境問題における日本の役割

9th NIRA Policy Forum
Remarks:Presentation given at the 9th NIRA Policy Forum, Tokyo, Japan, 6 November 2006