Results 1 - 10 of 95 (Sorted by date)
Commissioned Report
我が国の違法伐採木材への対策のために平成29年5月に施行された「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)を着実に推進する必要がある。このため、本法に基づく木材の合法性の確認等の取組状況を、国内木材関連事業者へのアンケート調査、ヒアリング調査によって調査した。
Presentation
COP25報告セミナー 新たなベンチマーク - 1.5℃・2050・ネットゼロ
2019年12月に開催された、IGESのイベント「COP25報告セミナー 新たなベンチマーク - 1.5℃・2050・ネットゼロ」の「第2部 IPCC特別報告書シリーズからのキーメッセージ」で使用した「気候変動と土地」に関するプレゼンテーションです。
PR, Newsletter or Other
MASHING UP
オンラインメディアで、女性から始めるダイバーシティをキーワードに、働き方やダイバーシティ、ジェンダー平等などを扱う記事などを載せているMASHING UPからの依頼に基づき、IGESでは、SDGs & Meという連載を展開しています。 本記事は、その一環として地球温暖化をテーマに、「実際のところ、温室効果ガスを実質ゼロにすることは可能なのか?」という問いから個人が、また社会がどのように向き合うことができるのか、取り上げました。
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第57回/December 2019 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Briefing Note
2019年7月に、SDGsのレビューを行う年に1度の閣僚級会合である、ハイレベル政治フォーラム(HLPF)が開催され、2000人近くの参加者が、SDGsの進捗状況やベストプラクティスについて情報を交換し、今後取るべきアクションについて議論を展開した。本会合では、地域で実践されている地に足のついたソリューションへの注目が高まると同時に、自治体主体のSDGs実践やそのモニタリングに関する施策が聴衆の関心を呼んだ。IGESが2018年に世界に先駆けて行った自発的自治体レビュー(VLR)、VLRに関するオンラインプラットフォームであるVLR Lab.も各国自治体の関心を惹き、実際に多くの自治体がVLRを実施していることが明らかになった。また、国連環境計画(UNEP)は、SDGs達成に向けたSMEs...
Submission to Policy Process
IGES研究員が、SDGs推進本部幹事会が作成し、内閣府と外務省が意見募集した「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針(改定版)の骨子」に対して提出したパブリックコメントです。 実施指針(改定版)の骨子は以下よりご覧いただけます。 https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/pdf/jisshi_shishin_r011108.pdf
Presentation

熱帯地域の伐採合法性証明制度に関する国際比較

林業経済学会2019年秋季大会テーマ別セッション「木材の合法性確認システムあり方とその課題」
熱帯の木材生産国5か国(ブラジル、ペルー、パプアニューギニア、タイ、フィリピン)を事例に、伐採合法性とトレーサビリティについてその制度と運用について比較整理することで、伐採合法性について検討を行う
Keywords:
Presentation
次世代×JBIBコラボワークショップ「中・高校生×JBIBで考える海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて 私たちができること」
一般社団法人 企業と生物多様性イニシアティブ(JBIB)が、武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校と、次世代×JBIBコラボワークショップ「中・高校生×JBIBで考える海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて私たちができること」を2019年11月6日(水)と16日(土)の2日間にわたり開催した。武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校から、延べ32名の学生たちが2日間にわたり参加した。 11月6日(水)の初日は、オリエンテーションとして、2日間のワークショップで考えること、出すアイデアの方向性を全員で共有した。その後、「海洋プラスチックごみ問題に関する国際的な動向」について公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の堀田康彦より解説した。