Results 1 - 5 of 5 (Sorted by date)
Policy Brief

先進国を中心とする木材需要の高まりに応じて、人工林の総面積は過去20年で10倍に拡大した。荒廃地等における人工林の増加は、天然林に対する伐採圧力を緩和し、気候変動の抑制、住民の生計への支援、国家の開発政策への寄与など、極めて重要な役割を担っている。

現在、世界の人工林の60%以上はアジアに存在している。近年におけるアジアの人工林面積の急激な拡大は、特に中国、ベトナム、インドなどにおいて大規模な造林プログラムが実施されてきた結果である。しかし、農村地帯における企業又は政府主導の人工造林は、地域住民を彼らの生活の重要な基盤となっている土地から排除する結果となることが多く、しばしば地域の社会紛争を引き起こしてきた。造林プログラムに地域住民が参加している場合でも、土地利用が制限されるため...

Book Chapter

退行還林の光と影

In shinrin kankyo 2006 sekai no shinrin wa ima

Remarks:

森林環境2006 世界の森林はいま
発行:(財)森林文化協会
発売:朝日新聞社

Book Chapter

「生態移民」に頼らない森の再生 (中国の環境政策・生態移民. 第4章)

In chugoku no kankyo seisaku seitai imin: midori no daichi, uchi mongoru no sabakuka o fusegeru ka? (Chapter 4)

Remarks:

中国の環境政策 生態移民: 緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか?(地球研叢書、昭和堂)

Non Peer-reviewed Article

発展するアジアと生活排水処理の今後

In ENECO