Results 1 - 8 of 8 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
中国は、再生可能エネルギー(再エネ)設備の導入量を確実に伸ばしている。2018年6月末まで、中国における風力発電、太陽光発電設備導入量は、それぞれ、1.7億kWと1.5億kWに達した。内、太陽光発電設備導入量は、すでに2020年導入目標1.1億kWを4000万kW以上も上回る快挙を果たした。しかし、中国は、長年、再エネ発電量が無駄に捨てられる問題に悩まされている。
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
中国政府は、2016年3月に発表した「中国電力発展に関する第十三次五ヵ年計画」(以下、電力発展計画)に基づき、2020年まで、2.5億kW相当の非化石燃料発電設備を新規導入する予定である。具体的な目標として、2020年まで、水力発電を3.4億kW,風力発電設備は2.1億kW、太陽光発電設備は1.1億kWまで拡大する計画である。
Working Paper
IGES Working Paper
Author:
本稿では、2009年以降における中国排出量取引制度の発展について振り返り、今後の展開について整理したものであり、1.制度導入の背景および国内政策としての位置づけ、2.パイロットETSの現状、3.今後の展望、の3つ内容に分けられている。  1.制度導入の背景および国内政策としての位置づけ、においては、中国パイロットETSの始動から国家ETS導入までの歴史的政策文書を精査し、胡錦涛政権と習近平政権における政策論的位置づけについて整理した。  2.パイロットETSの現状、においては、(1)制度開始に向けたプロセス、法的根拠、(2)パイロットETSの基本情報、(3)対象業種、線引き基準、(4)割当方法論の概要(2省5市)(5)MRV の仕組み、の5つの内容を中心に...
Keywords:
Non Peer-reviewed Article
In 地球温暖化
Author:
2018年4月20日付けで、国家気候変動対策を統括する気候変動司(中央省庁の局に相当)が組織・人員ごと、新設された生態環境部に吸収された。このような組織改革が中国気候変動対策に与える影響について、中国政府関係者や学識経験者の中では間逆の意見が並存している。
Commissioned Report

平成29年度 気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務 報告書

本報告書は、環境省委託事業「平成29 年度気候変動対策に係る国際交渉関連調査業務」に関する成果をまとめたものである。
Keywords: