Results 1 - 10 of 14 (Sorted by date)
PR, Newsletter or Other

(財)地球環境戦略研究機関(IGES)は、人口増加や経済成長の著しいアジア太平洋地域における持続可能な開発の実現を目指し、実践的かつ革新的な政策研究を行う国際的研究機関として、1998年に日本政府のイニシアティブによって設立されました。

IGESは、これまで培ってきた各国の政府、地方自治体、NGO、企業、市民団体、専門家などの多様な主体との協力関係をさらに拡充することにより、アジア太平洋の視点から戦略的な政策研究を遂行するとともに、その成果を世界に向けて広く発信し、持続可能な社会の実現に貢献していきたいと考えています。

IGESは、3年毎に研究計画を立て、実践的な成果を目指した研究活動を行っています。第4期統合的戦略研究(2007年4月~2010年3月)では...

PR, Newsletter or Other

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)では、アジア太平洋地域の環境問題や持続可能な社会の形成へ向けた動きを紹介することを目的として、環境問題と環境政策の動向を収集・整理し、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースとして公表している。2007年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、23カ国から合計125件のニュースを収集することができた。これらのニュースは、必ずしも各国や機関等の公式見解ではないが、環境分野の協力機関または各国研究者によって選定されたものであり、アジア太平洋地域における最近の環境問題を巡る基本的な動向をまとめることができたと考えている。

The Institute for Global Environmental Strategies (IGES)...

Policy Report

The report reviews the economic and environmental consequences of resource inefficiency in Asia and the Pacific and examines a range of technical, policy, and institutional responses for more resource-efficient development pattern, with particular attention to the vital role governments. This analysis is a contribution to the global G8 3R...

Policy Report

In 2005, IGES launched the consultation "The Asia-Pacific Consultations on Climate Regime Beyond 2012" to promote new and constructive thinking in the Asia-Pacific region on future actions against climate change beyond 2012, and to contribute to the shaping of a future climate regime that adequately reflects the concerns and developmental...

Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES (IGES newsletter)

Recent catastrophic events, such as Tsunami in the Indian Ocean, Hurricane Katrina in the United States and tropical storm Damrey in northern Vietnam, received great attention in the public media due to their extensive human and infrastructure-related losses. While such events cannot be attributed solely to climate change, the Third Assessment...

Non Peer-reviewed Article
In What's New From IGES (IGES newsletter)

気候変動への適応:アジアの開発へ向けた重要課題
気候政策プロジェクト上席研究員 アンチャ・スリニヴァサン
2005年11月

最近、インド洋の津波や米国を襲ったハリケーン「カトリーナ」、ベトナム北部を襲った熱帯性暴風雨「ダムレイ」など、大きな自然災害が世界各地で甚大な人的被害や都市基盤の損壊をもたらしたことがマスメディアで大きく取り上げられた。こうした自然災害はすべてが気候変動に起因するわけではないとされているが、「気候変動に関する政府間パネル第三次評価報告書(TAR)」によると、今後は気候変動が原因で異常気象の頻度や強度が増す恐れがあるといわれている。残念なことに、これまで全世界の気候変動に関連する災害の九割はアジア太平洋地域で起きており、1970年代以来、50万人以上の人命が失われている...

Policy Report

Asia-Pacific Forum for Environment and Development (APFED) Final Report: Paradigm Shift towards Sustainability for Asia and the Pacific -Turning Challenges into Opportunities