Results 1 - 10 of 27 (Sorted by date)
Policy Brief

 現在アジアの開発途上国では、産業活動の集中がもたらす負の影響に対処するための懸命な取り組みが行われている。産業エコロジー理論の影響を受けた多くの地域では、経済発展を阻害せずに産業の環境負荷を軽減する戦略として、エコタウンやエコインダストリアルパークが推進されている。これらのエコアプローチが採用されているのは、現時点ではまだ都市部を拠点とする従来の製造業に限られているが、製造業を中心とする国々にとっては優れたモデルとなる。
 一方、従来型の製造業だけでなく新たな産業の導入を進めている国の場合は、農村地域、特にまだ自然が残る都市農村境界域に開発のチャンスが秘められている。これらの地域では既に、原材料の供給源と都市部市場への平等なアクセスを目的とした新興産業のクラスターが形成されているが...

Policy Brief

Developing countries in Asia are struggling to cope with the negative impacts of concentrated industrial activities. Inspired by the theory of industrial ecology, eco-towns or eco-industrial parks are frequently promoted in many localities as a strategy for reducing the environmental burden of industry in a way that is consistent with economic...

Commissioned Report

平成19年度化学物質審査規制制度に関する国際協力支援事業報告書

Business report of the commissioned project in fiscal year 2007 titled "Evaluation of Chemical Substances and Regulation of Their Manufacture International Cooperation Project " submitted to Ministry of the Environment of Japa

Commissioned Report
Author:

Remarks:

独立行政法人国立環境研究所委託
環境省環境技術開発等推進費(戦略的研究開発課題)「水・物質・エネルギー統合解析によるアジア拠点都市の自然共生型技術・政策シナリオの設計・評価システム」(平成19年度)サブテーマ3

PR, Newsletter or Other

財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)では、アジア太平洋地域の環境問題や持続可能な社会の形成へ向けた動きを紹介することを目的として、環境問題と環境政策の動向を収集・整理し、1998年から毎年、アジア太平洋地域における環境重大ニュースとして公表している。2007年のアジアの環境重大ニュースでは、3機関、23カ国から合計125件のニュースを収集することができた。これらのニュースは、必ずしも各国や機関等の公式見解ではないが、環境分野の協力機関または各国研究者によって選定されたものであり、アジア太平洋地域における最近の環境問題を巡る基本的な動向をまとめることができたと考えている。

The Institute for Global Environmental Strategies (IGES)...

Discussion Paper
Author:
Tian Yanfang

Since the end of the 1990s, the Sino-Russian border regions have witnessed a dramatic, unprecedented increase in cross-border timber trade that has made Russia the largest log supplier for China's expanding wood industry sector. Driving factors include: severe constraints in China's domestic wood supplies, the availability of rich forest resources...

Policy Report

In 2005, IGES launched the consultation "The Asia-Pacific Consultations on Climate Regime Beyond 2012" to promote new and constructive thinking in the Asia-Pacific region on future actions against climate change beyond 2012, and to contribute to the shaping of a future climate regime that adequately reflects the concerns and developmental...

Book Chapter

「生態移民」に頼らない森の再生 (中国の環境政策・生態移民. 第4章)

In chugoku no kankyo seisaku seitai imin: midori no daichi, uchi mongoru no sabakuka o fusegeru ka? (Chapter 4)

Remarks:

中国の環境政策 生態移民: 緑の大地、内モンゴルの砂漠化を防げるか?(地球研叢書、昭和堂)