Results 1 - 10 of 33 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In What is New from IGES

Biofuels have been promoted in many Indian states as part of their rural development strategies, long before the recent finalisation of India’s national policy on biofuels, in order to generate employment and produce fuel locally using existing wastelands. To promote employment, some states have promoted biofuels using nationally sponsored...

Non Peer-reviewed Article
In IGESニュースレターWhat's New From IGES

インドでは最近、バイオ燃料に関する国家政策が最終決定されたが、多くの州では以前から、雇用創出や荒地を利用した燃料生産を目的とする農村開発政策の一環としてバイオ燃料が推進されてきた。雇用の促進に関しては、一部の州で全国農村雇用保障制度等の政府支援プログラムを活用したバイオ燃料の推進が図られており、同制度は、小規模農家や土地を持たない労働者に対して年間最低100日間の雇用保障を目標としている。また、州政府には、現地のニーズに応じた独自の開発プロジェクトを策定する柔軟性が与えられており、バイオ燃料作物の開発に焦点を当てたプロジェクトが実施されているところもある。

最も注目されているバイオ燃料作物はジャトロファであるが、他にクロヨナ等の作物を用いた取り組みも進められている...

Policy Brief

 現在アジアの開発途上国では、産業活動の集中がもたらす負の影響に対処するための懸命な取り組みが行われている。産業エコロジー理論の影響を受けた多くの地域では、経済発展を阻害せずに産業の環境負荷を軽減する戦略として、エコタウンやエコインダストリアルパークが推進されている。これらのエコアプローチが採用されているのは、現時点ではまだ都市部を拠点とする従来の製造業に限られているが、製造業を中心とする国々にとっては優れたモデルとなる。
 一方、従来型の製造業だけでなく新たな産業の導入を進めている国の場合は、農村地域、特にまだ自然が残る都市農村境界域に開発のチャンスが秘められている。これらの地域では既に、原材料の供給源と都市部市場への平等なアクセスを目的とした新興産業のクラスターが形成されているが...

Non Peer-reviewed Article

地球環境問題と国際社会の課題 ―地球温暖化問題を例として

In Sanpu 参風
Non Peer-reviewed Article
対中環境協力の過去、現在、未来

対中環境協力の過去、現在、未来

In 月刊国際開発ジャーナル
Non Peer-reviewed Article
In 官公庁環境専門資料

アーカイブ
見聞その壱   2004年の十大ニュース(2005.3)
見聞その弐   地方での手厚い歓待と反日デモ(2005.5)
見聞その参   金太郎飴V.S.グリコのキャラメル(2005.7)
見聞その四   「三江源」黄河、長江の上流を訪ねる(前編)(2005.9)
見聞その五   「三江源」黄河、長江の上流を訪ねる(後編)(2005.11)
見聞その六    松花江水汚染事件に見る責任の取り方、取らされ方(2006.1)
見聞その七    中国のお正月、春節雑感パートⅡ(2006.3)
見聞その八    黄砂の再襲来と情報公開(2006.5)
見聞その九    敵を知り己を知れば、百戦しても危うからず(2006.7)
見聞その十   ゴビ、砂漠の緑化...