Results 1 - 10 of 13 (Sorted by date)
Policy Brief

 現在アジアの開発途上国では、産業活動の集中がもたらす負の影響に対処するための懸命な取り組みが行われている。産業エコロジー理論の影響を受けた多くの地域では、経済発展を阻害せずに産業の環境負荷を軽減する戦略として、エコタウンやエコインダストリアルパークが推進されている。これらのエコアプローチが採用されているのは、現時点ではまだ都市部を拠点とする従来の製造業に限られているが、製造業を中心とする国々にとっては優れたモデルとなる。
 一方、従来型の製造業だけでなく新たな産業の導入を進めている国の場合は、農村地域、特にまだ自然が残る都市農村境界域に開発のチャンスが秘められている。これらの地域では既に、原材料の供給源と都市部市場への平等なアクセスを目的とした新興産業のクラスターが形成されているが...

Policy Brief

アジア太平洋地域の発展途上国で進んでいる森林減少の最大の要因は、違法かつ持続可能でない伐採である。違法伐採によって木材輸入国が安価な木材を大量に輸入できる一方で、輸出国の自然環境、森林の管理・経営(ガバナンス)、そして森林に依存して暮らしている人々の生活が犠牲になっている。木材輸入国においても発展途上国の適正な森林管理を促進する義務があることを認識して、現在多くの政府が合法で持続可能な木材の調達を支援する公共調達政策を導入している。これは、持続可能な開発を進める上で国際貿易を活用する極めて重要な一歩である。

本ポリシー・ブリーフは、日本、英国、オランダ及びフランスで実施されている木材公共調達政策を比較し、各国の手法の共通点と相違点を検証しながら...

Book

The historic development pathway of Europe and the US is clearly not sustainable in developing Asia, with its larger population, constrained by resource limitations, and now facing the global challenges of climate change. So far, however, Asia has not framed an alternative future that simultaneously provides for an escape from poverty, improves...

Book

多くの人口を抱える一方で、限りある資源の制約を受け、気候変動に直面している発展途上のアジアにおいては、欧米と同じ発展の道筋をたどることは、明らかに持続可能ではあり得ない。しかし、これまでのところ、アジアは、貧困からの脱却、生活水準の向上、低炭素、そして気候変動に対して耐性のある持続可能な開発の道筋というものを見出すには至っていない。アジア諸国は、世界の気候変動交渉に一層主体的に参画して、持続可能な開発と気候変動が別々の道筋ではなく、単一の道であることを示す必要がある。

この白書では、次の4 つの優先課題を掲げている。すなわち、(i)衡平で効果的かつ柔軟な2013 年以降の気候変動枠組みを構築すること、(ii) アジア地域の適応能力を高めること、(iii...

Policy Brief

Developing countries in Asia are struggling to cope with the negative impacts of concentrated industrial activities. Inspired by the theory of industrial ecology, eco-towns or eco-industrial parks are frequently promoted in many localities as a strategy for reducing the environmental burden of industry in a way that is consistent with economic...

Policy Brief

This policy brief includes a comparative analysis between Japan's public timber procurement policy and those of several European countries. In addition to identifying a set of elements that public timber procurement policies must include to favour legal and sustainable timber, it provides recommendations for further strengthening Japan's policy on...

Policy Brief

Access to environmental information is vital for promoting policies and measures conducive to sustainable development. It influences people's behaviour and promotes environmental responsibility and ensures that public decision-making is more environmentally sound. In Asia, however, the disclosure of information on the environment is limited...

Policy Brief

Asian countries see many challenges for establishing freedom of information laws. The region must collaborate now to develop a policy instrument that promotes the disclosure of information on the environment and sustainable development

持続可能な開発に向けた施策を推進する上で、環境に関する情報公開を促進することは必須である。適切な情報は、人々の行動に影響を与え、環境に対する責任意識を高めるとともに、環境に配慮した意思決定を促す。欧州諸国では...

Policy Brief

The natural forests of many Asia-Pacific countries are rapidly degrading or disappearing, threatened by a complex array of forces and appropriate measures for sustainable forest management are urgently required. Japan, as a major importer of tropical timber, has considered revising the basic principle for the promotion of eco-friendly products in...

Policy Brief

The Asian region is experiencing a rapid expansion of the cross-border market for recyclable materials (recyclables). As a consequence of rapid economic growth in the region, the demand for resources has increased. On the other hand, there are also negative impacts on the environment and human health, especially in developing countries, because of...