Results 1 - 10 of 1317 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Progress in Disaster Science
Author:
Ram
Avtar
Abhijit
Mukherjee
Md. Nasif
Ahsan
Duc
Cong Hiep Nguyen
Hong Quan
Nguyen
Rajib
Shaw
Binaya Kumar
Mishra
Rapid global changes (population growth, urbanization and frequent extreme weather conditions) have cumulatively affected local water bodies and resulted in unfavorable hydrological, ecological, and environmental changes in the major river systems. Particularly, communities in isolated riverine islands are heavily affected due to their poor...
Peer-reviewed Article
In Progress in Disaster Science
The phenomenon of regional and global integration has resulted in natural hazards and climate change impacts in one country affecting people and countries far away. This phenomenon of globalization of local risks has long been known but has not received much attention. With greater regional integration and greater impacts of climate change, these...
Non Peer-reviewed Article
In 自治体国際化フォーラム
自治体国際化協会の機関誌「自治体国際化フォーラム」の巻頭特集「持続可能な消費と 生産パターンの構築に向けて ~各国における 3R 政策加速化の動き~」における、廃棄物・リサイクル問題の最新国際動向に関して、廃棄物・リサイクル問題のグローバル化、画期的な2015年、持続可能な消費への転換などの観点からの解説記事。
Peer-reviewed Article
In Development Cooperation Review
The coronavirus disease 2019 (COVID-19) has emerged as one of the severe and important health disasters during recent times. The impacts of the COVID-19 have spanned across the globe and rightly qualify to be a transboundary disaster. When looked through the lens of transboundary risks, COVID-19 is not the first of its kind. Health and non-health...
Keywords:
Non Peer-reviewed Article
In 内側から見た中国最新環境事情 第62回/October 2020 Global Net Series
地球・人間環境フォーラムの月刊環境情報誌、「グローバルネット」に地球環境戦略研究機関(IGES)北京事務所所長の小柳秀明が、中国の最新環境事情を現地滞在レポートとして偶数月で連載しています。
Non Peer-reviewed Article
In 海外の森林と林業
Author:
基志
平塚
最近、地球温暖化対策において森林を含めた土地 利用分野の重要性が強調されている。2015 年の国 連気候変動枠組条約の第21 回締約国会議(COP 21)で採択されたパリ協定では、気温上昇を工業化 以前と比較して2℃ないしは1.5℃上昇までに抑えることが長期目標として合意された。これを受け、 IPCC が2018 年に公表した「1.5℃特別報告書」1)で は、目標達成のためにはすべての部門で従来にない 大規模なGHG 排出削減が必要であるが、それだけ では不十分で、森林等の吸収源を同時に活用する必 要性が示された。それに続いて2019 年に公表され た「気候変動と土地に関する特別報告書」2)を森林分野について要約すれば、現在は大きな排出源となっている天然林の減少を抑制し、2050 年までに...
Non Peer-reviewed Article
In グローバルネット
2020年8月7日に開催されたオンラインセミナー「Refill Japan オンラインカフェVol.3 脱プラ・脱使い捨ての行方(2)」(主催:水Do!ネットワーク)における堀田康彦による発表内容を取りまとめたもの。