Results 1 - 10 of 17 (Sorted by date)
Submission to Policy Process
現在の日本のNDCでは、2030年に2013年度比で温室効果ガス排出量26%削減を目標としていますが、NDC策定時の経済成長想定を実績値にあわせてより現実的な数値とすることで、目標には引き上げの余地があることが明らかになっています。IGESはその研究成果に基づき、経済成長想定をより現実的な数値にした場合の2030年削減量を示すと同時に、それをベースとして、さらなる引き上げを議論すべきであることを提言します。
Submission to Policy Process
Japan's current NDC targets a 26% reduction in greenhouse gas emissions by 2030 compared to the 2013 level. However, it has become clear that there is room to raise this target by matching the economic growth assumptions made when the NDC was formulated with actual figures, and making them more realistic. Drawing on the study’s results, IGES...
Translation of non-IGES Material
Author:
Constant
Alarcon
Marie
Reynolds
The Climate Group(温室効果ガス排出量削減に取り組む国際NPO)がCDP(環境情報公開を推進する国際NGO)の支援の下、過去1年間のRE100(事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が加盟するイニシアチブ)参加企業の進捗やアンケートを集計し、その分析結果から得られた示唆や、先進的取組事例等をまとめた年次報告書(2019年版)である。 特に注目される動向としては、PPAs(電力販売契約)の件数が記録を更新すると共に、回答企業の65%が2020年末までに再エネ普及に直接的な影響力のある調達方法(PPA、オンサイト発電等)を検討しており、今後もこの傾向がさらに強まることが予測されている点である。また、新たな参加企業56社のうち、44...
Book Chapter
In Routledge Handbook of Energy in Asia
Developing Asia’s growing demand for fossil fuels not only adds pressure on the domestic economy of each country due to higher energy bills but also strangulates the region’s environmental health with the growing emissions. The need for poverty reduction and economic development together forcing the region to continue to depend heavily on...
Non Peer-reviewed Article

政策インパクトを目指した戦略研究アプローチ:Risky BusinessとNew Climate Economy

In 季刊環境研究
Author:
Commissioned Report

平成26年度家庭における低炭素設備普及に向けた調査事業委託業務