Results 1 - 10 of 290 (Sorted by date)
Fact Sheet
Author:
Damasa B.
Magcale-Macandog
John Vincent
Pleto
Key point Analyzed several water quality parameters (pH, electrical conductivity (EC), total dissolved solids (TDS), Chloride (Cl), and temperature) based on 35 well samples collected by local government staff in Oriental Mindoro Province of the Philippines. Cl- concentration was calculated using salinity values based on Equation: Sal (ppt) = 0...
Peer-reviewed Article
In Water
Author:
Due to the cumulative effects of rapid urbanization, population growth and climate change, many inland and coastal water bodies around the world are experiencing severe water pollution. To help make land-use and climate change adaptation policies more effective at a local scale, this study used a combination of participatory approaches and computer...
Peer-reviewed Article

Monitoring Effect of Spatial Growth on Land Surface Temperature in Dhaka

In Remote Sensing
Author:
Md. Mustafizur
Rahman
Ram
Avtar
Ali P.
Yunus
Jie
Dou
Prakhar
Misra
Wataru
Takeuchi
Netrananda
Sahu
Ali
Kharrazi
Shamik
Chakraborty
Tonni Agustiono
Kurniawan
Spatial urban growth and its impact on land surface temperature (LST) is a high priority environmental issue for urban policy. Although the impact of horizontal spatial growth of cities on LST is well studied, the impact of the vertical spatial distribution of buildings on LST is under-investigated. This is particularly true for cities in sub...
Commissioned Report
気候変動による気象災害のリスクが高まると予測されている中で、災害に備える「適応」と将来の災害ハザードを低減する「緩和」の両面を考える「気候変動×防災」の視点から現状と課題を共有し、今後の検討の進め方について議論することを目的として、「気候変動×防災」国際シンポジウム及び専門家ワークショップの開催が予定されている。本報告書は、これら会合に関する支援業務の結果をまとめたものである。
Keywords:
Commissioned Report
平成30年12月に施行された「気候変動適応法」において、国際協力を推進する旨が定められている。また、平成27年12月に国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で合意されたパリ協定においても、気候変動への適応分野において国際協力の重要性が掲げられている。我が国は科学的知見に基づいた適応計画の策定支援を「アジア太平洋地域における気候変動適応分野の研究、人材育成支援業務」として、平成27年度から平成29年度まで継続して実施(以下「適応支援第1フェーズ」という。)しており、途上国政府及び研究機関等との協働が可能となるよう、アジア太平洋地域の適応に関する能力向上のための人材育成、知見共有等を図ってきた。 平成31年度の事業においては、適応支援第1フェーズ及び「平成30...
Keywords:
PR, Newsletter or Other
昨今、台風などの災害が私たちの暮らしに甚大な被害をもたらしています。これは神奈川だけでなく日本、世界でも同じ。これらの原因は、地球温暖化などの気候変動の影響と言われ、世界は今まさに非常事態!県では、SDGs最先進県として気候が非常事態にあるという「危機感」を県民の皆さまと共有し、共に行動していくことを目的に「かながわ気候非常事態宣言」を発表しました。そこで今回は、その宣言を知事がわかりやすく解説するとともに、刈川杏奈が現状の神奈川を調査!今からできる温暖化対策も!(カナフルTV)
Commissioned Report
JCM REDD+事業「ラオス/ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+事業」のMRV検討支援を支援することを目的とし、以下の業務を実施した。 1)ラオスJCM REDD+事業に関する方法論(案)等のレビュー 今年度に早稲田大学が作成するラオス/ルアンパバーン県における焼畑耕作の抑制によるREDD+事業の方法論(案)等について専門的見地からレビューを行い、修正等が必要な箇所を整理した。 2)関連する海外出張 ラオス(ビエンチャン)で開催されるREDD+に関する政府間協議に出席し、必要に応じて技術的な観点からインプットを行った。 3)国内関係者を集めた会合への出席 上記を実施するに当たり、環境省、林野庁、並びにその他関係者との会合へ出席した。
Keywords:
Peer-reviewed Article
In Geocarto International
Author:
Ram
Avtar
Ali P.
Yunus
Ali
Kharrazi
Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa-West and...
Peer-reviewed Article
In Geocarto International
Author:
Ram
Avtar
Ali
Yunus
Ali
Kharrazi
Operational monitoring of vegetation and its response to climate change involves the use of vegetation indices (VIs) in relation to relevant climatic data. This study analyses the temporal variations of vegetation indices in response to climatic data (temperature and precipitation) to better understand the phenological changes in the Wa-West and...
PR, Newsletter or Other
このレポートは、2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) について紹介し、2019年に公表された2つNYDFに関するレポートの概要の日本語訳を収録した。 1. 森林に関するニューヨーク宣言 2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された森林に関するニューヨーク宣言(NYDF) は、2030年までに森林を保護・回復し、天然林の減少を終わらせるという10の野心的で世界的な目標を掲げてている。 2. 5年間の進捗評価レポート(概要日本語訳) NYDFの採択から5年が経過したが、これらの目標が順調に進んでいるという証拠はほとんどなく、2020年までにNYDFの目標を達成することはおそらく不可能である。現状は芳しくないものの...