Results 1 - 10 of 146 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In Remote Sensing
Author:
Image segmentation and geographic object-based image analysis (GEOBIA) were proposed around the turn of the century as a means to analyze high-spatial-resolution remote sensing images. Since then, object-based approaches have been used to analyze a wide range of images for numerous applications. In this Editorial, we present some highlights of...
Peer-reviewed Article
In Frontiers in Ecology and Evolution
Author:
Chihiro
Haga
Marimi
Maeda
Wataru
Hotta
Takahiro
Inoue
Takanori
Matsui
Takashi
Machimura
Masahiro
Nakaoka
Junko
Morimoto
Hideaki
Shibata
Shizuka
Hashimoto
The introduction of renewable energy (RE) is essential for building a sustainable society. However, RE can cause conflicts between energy production and biodiversity conservation. This study conducted a scenario analysis to evaluate potential conflicts in the nexuses between energy and biodiversity for the Bekambeushi River watershed located in...
Policy Brief
Author:
National Institute of Urban Affairs (NIUA)
National Mission for Clean Ganga (NMCG)
On 1 May 2020, the National Institute of Urban Affairs, NIUA, (autonomous body under India’s Ministry of Housing and Urban Affairs) and the National Mission for Clean Ganga, NMCG, (under India’s Ministry of Jal Shakti) organized an Ideathon on “The Future of River Management”. The purpose of this Ideathon was to use the current COVID-19 crisis as a...
Peer-reviewed Article
In Land
Author:
Shruti
Lahoti
Ashish
Lahoti
Rajendra
Joshi
Nagpur is rapidly urbanizing, and in the process witnessing decline in its green status which is one of the identities of the city. The study aims to understand the current species diversity, composition and structure in different classes of greens prevalent in the city. As urban green spaces (UGS) are also reservoirs of carbon stock, the study...
Commissioned Report
平成29 年5 月に「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(通称「クリーンウッド法」)が施行された。また、平成29 年11 月から、同法に基づく木材関連事業者の登録が開始された。 このような背景の中、木材関連事業者による木材等の合法性確認等の取組を一層推進するため、本事業が実施された。本事業の目的は、木材関連事業者が効率的に木材等の合法性確認等の取組を実施できるよう、生産国における木材の流通や関連法令に関する情報を収集することである。 調査対象国は、パプアニューギニア、ソロモン諸島、ロシア、ベトナム、中国の計5カ国であり、それぞれの国において木材流通状況、関連法令・許認可制度、その他参考情報等が収集された。
Commissioned Report
This report summarized basic surveys and activities regarding; 1) Approach and efforts for the Formulation of Regional Circular and Ecological Sphere (Regional CES) in Hokusetsu area of Hyogo prefecture under MoEJ's Regional CES project 2) Promotion of the low carbon and energy saving technology transfer in India, as well as enhancement of...
Commissioned Report
平成30年12月に施行された「気候変動適応法」において、国際協力を推進する旨が定められている。また、平成27年12月に国連気候変動枠組条約(UNFCCC)の下で合意されたパリ協定においても、気候変動への適応分野において国際協力の重要性が掲げられている。我が国は科学的知見に基づいた適応計画の策定支援を「アジア太平洋地域における気候変動適応分野の研究、人材育成支援業務」として、平成27年度から平成29年度まで継続して実施(以下「適応支援第1フェーズ」という。)しており、途上国政府及び研究機関等との協働が可能となるよう、アジア太平洋地域の適応に関する能力向上のための人材育成、知見共有等を図ってきた。 平成31年度の事業においては、適応支援第1フェーズ及び「平成30...
Keywords:
Commissioned Report
This is a final report on the project for promoting Asian regional collaboration on Environmental Impact Assessment (EIA), under a lump-sum contract with Ministry of the Environment, Japan in FY 2018. The project consists of three components: i) Study on policy and implementation of country EIA system in two Asian countries, namely India and...
Translation of non-IGES Material
Author:
IPBES
IPBES地球規模評価は、1970 年代から2050 年までの期間の地球全体を対象に、自然科学や社会科学の知識、ならびに幅広い知識体系や多次元にわたる価値観を総括した、2005年発表のミレニアム生態系評価以来の生物多様性と生態系サービスに関する地球規模の評価です。本冊子はIPBES総会第7回会合(2019年4~5月、フランス・パリで開催)で承認された地球規模評価の政策決定者向け要約(SPM)の和訳で、我々が直面する自然や自然の寄与の深刻な劣化と持続可能な社会の実現に向けた困難な道のりを指摘する一方、社会変革(Transformative change)による持続可能な社会の実現の可能性を示唆しています。
PR, Newsletter or Other
「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯
本稿で紹介するインドネシアの東カリマンタン州は1980年代に一部の県でアブラヤシ農園開発が始まった後、特に2000年代後半から、比較的最近になってアブラヤシ農園が急拡大しており、私の調査地を含めて、今でも天然二次林が伐採されてアブラヤシ農園が造成されている。アブラヤシ農園企業と地域住民の土地の権利を巡る争いも数多く起きており、地元の新聞で報道されることも多い。このようなアブラヤシ農園の拡大はどこまで続くのか、歯止めをかけることができるのか、それを東カリマンタン州の森林の状況、政策、制度、開発、地域住民の経済状況、土地の収用といった複数の点から考える。 本稿は『グリーンパワー』月刊2019年5月号に掲載された論考が『「森林環境2020」 特集・暮らしの中の熱帯』に再掲されたものである。
Keywords: