Results 1 - 9 of 9 (Sorted by date)
Commissioned Report
北九州市アジア低炭素化センターは2010年6月に開設され、今年開設10周年を迎える。そこで、北九州市は、同センター開設10周年記念事業として、投資家、企業経営者、起業家等の民間企業関係者を対象とした「ホラシス会議」の誘致を予定している。当業務では、ホラシス会議の全体会で取り上げるテーマ案として、同センター開設10周年記念事業として相応しいテーマ案を設定するものである。
Commissioned Report
2015年9月に持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals; SDGs)を含む2030アジェンダが採択され、実際に始動してから5年目に入り、各国政府、国内外の企業や地方自治体、市民社会などの間でも認知度が高まり、SDGsへの取組が本格化している。しかし現時点で、まだまだステークホルダーによる実施の進捗の速度は十分ではなく、現在のペースで実施を継続しても、世界全体でどのSDGsも達成することが出来ないと各種レポート(2018年度版SDGsインデックス&ダッシュボードやESCAPの2019年度SDGs進捗報告書等)で指摘されている。 本業務では引き続き、国内外でのSDGsの実施とそれに深く関連する施策推進するため、過去の業務で得られた知見とネットワークを活用し...
Commissioned Report
平成28年5月、我が国はG7議長国として伊勢志摩サミット及び富山環境大臣会合を開催した。平成29年はイタリアが議長国となり、5月26-27日にタオルミーナにてサミットが、6月11-12日にボローニャにて環境大臣会合が開催された。議長国イタリアによるG7サミット及び環境大臣会合では、伊勢志摩サミット及び富山環境大臣会合での成果を引き継ぐ形で、気候変動、資源効率、海洋ごみ、エネルギー、持続可能な開発のための2030アジェンダ等の議題について議論された。平成30年はカナダが議長国となり、6月8-9日にシャルルボアにてサミットが、9月19-20日にハリファックスにて環境大臣会合が開催された。平成31年はフランスが議長国となり、5月5-6日に環境大臣会合が開催された。 本業務では...
Keywords:
G7
Commissioned Report
Being a least developed country with limited capacities and financial resources, Ethiopia faces tremendous challenges in filling the development gaps and achieving the broad scope of SDGs with 169 targets and more than 230 indicators. Priority setting is therefore indispensable which can help use limited resources effectively by addressing the...
Commissioned Report
Building on the country’s momentum in economic growth and poverty reduction over the last couple of decades and aspiring to graduate from the least developed country (LDC) status, Lao PDR has developed a well-balanced policy framework for embracing the 2030 Agenda and the Sustainable Development Goals (SDGs). Being a least developed country with...
Commissioned Report
Author:
環境省
2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画において、「地域循環共生圏」の概念が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて、他地域と資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本事例集では、他の国や国際社会に参考となるような地域循環共生圏に関する日本の16の先進的取組を紹介することで、世界の各地で地域循環共生圏を創造する取組を後押しすることを目的としています。 本書のダウンロードはこちら(PDF) https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/pdf/jirei_jp.pdf
Commissioned Report
Author:
Ministry of the Environment Japan
The Japanese government has proposed a vision called "Circulating and Ecological Economy" in the Fifth Basic Environment Plan approved by the Cabinet in April 2018. The Circulating and Ecological Economy is an idea that aims to develop self-reliant and decentralized societies by leveraging regional resources, including natural environments and...
Commissioned Report
持続可能な開発目標(SDGs)を中核とする「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の採択から2年以上が経過し、日本国内でもSDGsの達成に向けた動きが活発化している。企業や地方自治体も、様々な取組を始めている。SDGsは分野が広範に亘り、また内容が一般的で、例えば、「SDG2-飢餓を終わらせ」るなど究極的目標を示しているものも多く、達成のための各ステークホルダーが取るべき具体的な施策や行動が示されている訳ではない。また持続可能な開発を構成する三つの大きな側面(社会、経済、環境)の一つが環境であるため、SDGsの17のゴール・169 ターゲットの多くが環境に係わるものとなっており、環境省のSDGs実施における役割、特に企業や自治体などのステークホルダーを実施に導く役割は非常に大きい。...
Commissioned Report

H29 Keizaishakai niokeru Seibututayouseino syuryuukano sokusinn nikannsuru tyousa/kenntou itakugyoumu

Author:
Dainihon consultant
Politekku eididi
Inter risk Soken
summarize update of the research on natural capital valuation and economic valuation of biodiversity conservation. it also includes guideline for business how to address biodiversity impact on business.