気候変動適応に関するCOP26 の成果報告

Briefing Note

英国・グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は、1日延長の上無事に合意文書を採択し、閉会した。英国は議長国として、気候変動の影響に対して脆弱な国々の適応とレジリエンス強化を優先課題の一つとして位置づけ、適応に関連する様々なイニシアティブを立ち上げてきたが、本会合においても適応に関わる議題が多く議論された。成果文書である「グラスゴー気候合意(Glasgow Climate Pact)」においては、途上国が気候変動に対する適応能力を高め、レジリエンスの強化と脆弱性の低減を実現するために、資金、能力強化、技術移転を含む行動と支援の規模を拡大することの緊急性が強調された。本稿では、COP26およびパリ協定第3回締約国会合(CMA3)における適応関連の議論の結果および今後に残された課題を整理する。また、会場では国際機関、地域機関、NGO等の非政府アクターを中心に、会合参加者による多くのイベントが開催された。特に適応に関するサイドイベント、会期中に設けられた議長国主催のプログラムを中心に内容をまとめ、最新の適応に関する国際動向を俯瞰する。

Date: