持続可能な都市 (北九州アーバンセンター)
スマートシティーウィーク2014

アジア低炭素発展に向けた企業セミナー


2014年10月29日(水)にパシフィコ横浜でアジア低炭素発展に向けた企業セミナーを開催しました。主催者の環境省及び公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)をはじめ、「平成26年度アジアの低炭素社会実現のためのJCM大規模案件形成可能性調査事業」の採択案件に関与する海外都市からの招聘者、国内自治体、企業、政府関係機関、研究機関等から約120名が参加しました。ファシリテーターは、公益財団法人地球環境センター(GEC)常務理事の木村雄二氏が務めました。

»  サマリーこちら

日時 2014年10月29日(水) 10:00-12:00 (受付09:30-)
会場 パシフィコ横浜3階301(横浜市西区みなとみらい1-1-1)  » Access
主催 日本国環境省
共催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
使用言語 日本語・英語(同時通訳付)
参加者数  約120名
参加費  無料
関連資料 プログラム (84KB)
関連イベント スマートシティーウィーク2014「アジアにおける低炭素都市形成セミナー」
関連リンク 環境省報道発表資料(2014年9月26日付)
プログラム
10:00 開会挨拶
関 荘一郎 環境省 地球環境審議官
セッション1 パネルディスカッション「低炭素技術とその普及に必要な支援施策」
10:05 発表
「JCMの概要説明及びこれまでの成果について」
木野 修宏 環境省 地球環境局 国際連携課 国際協力室長
PDF(1.1MB)
「JCMで扱われる低炭素技術について」
木村 祐二 (公財)地球環境センター 常務理事
PDF(1.6MB)
企業による事例紹介1:「建築物の省エネ事例について」
村岡 元司 (株)NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティング本部 本部長 パートナー
PDF(866KB)
企業による事例紹介2: 「インドネシアにおける高効率ターボ冷凍機による省エネルギー
- 二国間クレジット制度(JCM)事業化の経験より 」

奥田 敏宏 荏原冷熱システム(株)海外事業統括部 営業技術企画室 海外事業担当 GM
PDF(946KB)
企業による事例紹介3: 「デジタルタコグラフを用いたエコドライブプロジェクト」
吉藤 智一 (株)日通総合研究所 物流技術環境部 環境グループ 研究員
企業プラットフォームの紹介
熊久保 和宏 みずほ情報総研(株)環境エネルギー第1部 地球環境チーム シニアコンサルタント
PDF(2.5MB)
  討議・質疑応答
11:55 閉会挨拶
木野 修宏 環境省 地球環境局 国際連携課 国際協力室長
サマリー

本セミナーでは、JCMで扱われる低炭素技術の紹介と、JCMスキームを活用して低炭素技術をアジアに移転する上での課題やメリットについて、企業3社より共有されました。加えて、JCMの企業プラットフォームも紹介されました。その結果、以下の観点が共有されました。

  • 現地カウンターパートと調整を行う上で、日本の技術の良さのみならず、長寿命であることによる環境・経済的メリットを強調することが重要である。
  • 補助裏の手当をどうするかについては日本側の企業からアドバイスがあると良い。適切な資金計画をつくっていくことが重要である。
  • プロジェクトを実施するにはきちんとした実施体制を整備する必要があり、補助事業については国際コンソーシアムがつくる必要がある。調査の段階で適切な相手先を見つけることが重要である。
  • JCMとして行う以上は排出削減量を定量化する必要があり、方法論や継続的にモニタリングできる体制を整えることが必要である。
  • 各プロジェクトで差があるかもしれないが、押さえるべき前提条件がある。このような点をプロジェクト実施前にきちんと調べる必要がある。
  • その手段として、F/S、P/S、都市を巻き込んだ大規模案件形成可能性調査がある。
  • 企業プラットフォームについては、情報収集のポータルサイト及び企業の国内外へのPRの機会として捉えて活用してもらいたい。
  • 写真

ページの先頭へ戻る