解説シリーズ

IGES SDGsプロジェクト
「Aspiration to Action」始動!

現在、国際社会は2030年を達成期限とする新たなグローバル開発目標の策定に向けて議論を進めています。2014年9月の時点では、17の持続可能な開発目標(SDGs)の目標案と付随する169のターゲット案が提案されています。これらの案は、安全な水資源の確保、再生可能エネルギー、男女平等、質の高い教育や経済改革等、豊な生活や生態学的持続可能性に関する多くの重要課題に対応しています。世界が真の進歩を遂げるためには、これらすべての目標・ターゲットが達成されなければなりません。

forestIGESでは、こうした状況を踏まえ、将来の持続可能な開発目標(SDGs)に関する新たな分野横断協働プロジェクト「Aspiration to Action」を開始します。現在、開発や環境に関する多くの条約や協定が存在していますが、残念ながらその実践に関して顕著な成果が出ているとは言いがたいのが現状です。このような現状を踏まえ、本プロジェクトでは、国際開発や地球環境問題対策の大きな課題である、「実施における隔たり」に着目し、国際交渉などで良く使用されるいわゆる「実施手段(means of implementation)」に焦点を当て、開発目標とターゲットの効果的な実施に向けた阻害要因や成功要因などを検証します。

現在、国際社会は2015年末に2015年以降の開発目標の合意を予定していますが、現時点では、どの程度具体的なSDGsが策定されるのか明確ではありません。しかし、今後の交渉プロセスでは、持続可能な開発達成のための道筋となる目標とターゲットが策定されることが期待されています。IGESでは、Independent Research Forum (IRF)などのパートナー機関、市民社会、その他の関連ステーホルダーと協力し、野心的(aspirational)でありつつも、実践的(actionable)なポスト2015年開発アジェンダの策定及び実施に貢献することを目的としています。

forest同時に、交渉プロセスを成功に導く要因として、開発目標実践に必要となる実施手段(MOI)を計画的かつ整合的に明確化していくことが必要となります。IGESでは、主に、水、エネルギー、森林、都市、持続可能な消費と生産、教育の各分野に関する主要な実施手段(MOI)を検証し、これらの分野に関連するSDGsの策定と実施に向けた実践面からの提案を行います。今後は、上記分野に関するディスカッションペーパー・シリーズの発表、各分野に関する実施手段(MOI)の共通要素をとりまとめた統合報告書の発表のほか、ポスト2015年以降の資金開発に関する分野横断的なインプットをする予定です。

また、将来の開発目標の実施においては 、政府、企業、市民社会、及び一般市民など多くの主体がその達成に向けて行動に移していくことが重要です。「Aspiration to Action」プロジェクトでは、こうした多様なステークホルダーの関心や優先事項に関する理解を深め、彼らの実施能力を高めていくことが、SDGsの効果的な実施に繋がっていくという認識に基づき、出版物の発行だけではなく、対話や共同研究などを通して多くのステークホルダーやパートナー機関に積極的に働きかけ、より実践的な研究や政策提案を行っていきます。

ページの先頭へ戻る