自然資源・生態系サービス
国際ワークショップ

「社会と政策に対する衛星地球観測の効果の評価」を開催

(写真: JAXA提供)

IGESは、科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業(社会 技術研究開発)の下、情報通信研究機構(NICT)、慶應義塾大学及び宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で2015年11月9日(月)~10日(火)、東京において、「社会と政策に対する衛星地球観測の効果の評価」をテーマとした国際アドバイザリ・ボード・ワークショップを開催しました。地球観測による環境等政策決定への貢献、宇宙計画と科学の進歩、産業イノベーション、豊かな社会への寄与等について専門家による議論が行われ、2日間にわたる会合の結果概要をまとめました。

日時 2015年11月9日(月)-10日(火)
結果概要 PDF (564KB)
ワークショップウェブサイト(英文) http://www.symbioscomms.com/peoic/
写真
(写真: JAXA提供)

ページの先頭へ戻る