持続可能な開発目標(SDGs)

本研究は、主要な「持続可能な開発目標」(エネルギー、幸福、水資源)の設定に向けた適切な目標/指標を同定し、SDGsの達成に資するガバナンス改革のあり方について提案を行います。特に2015年以降の開発アジェンダや“実施ギャップ”の克服に向けた戦略的な政策提言を行います。

プロジェクトの詳細はこちら »

共通便益(コベネフィット)

本研究は、黒色炭素(ブラック・カーボン)などの短寿命気候汚染物質(SLCPs)の排出削減、貧困からの脱却に苦しむステークホルダー(都市貧困層や女性など)を対象とする気候変動対策を通じた資金援助など、気候変動と開発課題への取組みを通じたコベネフィットの実現に向けた戦略的な政策提言を行います。

Asian Co-benefits Partnership ACP

プロジェクトの詳細はこちら(英語) »

持続可能な都市のための政策統合

本研究は、アジアの諸都市の持続的な成長を推進するための戦略的な政策提言と分析を行います。その中で、特にエネルギー、交通、建築物の各分野に着目し、これら重要なセクターの温室効果ガスの排出量・削減量を計測・報告・検証する手法、および都市の低炭素化を促進するガバナンス改革に着目します。

詳細はこちら(英語) »

(英語)

持続可能な都市 データベース
  • エリアスタッフ一覧

ページの先頭へ戻る