• メニュー

»UNFCCC COP20公式サイトはこちら


»UNFCCC COP20日本パビリオンサイトはこちら

ペルーのリマで開催された気候変動枠組条約の第20回締約国会議(COP20)のIGES特集サイトです。
リマにおけるIGESの活動や関連出版物、コラム等を掲載しています。

リマイベント報告
COP20日報

IGESはEarth Negotiations Bulletin(ENB)の一部を地球産業文化研究所(GISPRI)と共同で翻訳しています。
※和訳はGISPRI、英語原文はInternational Institute for Sustainable Development(IISD)のウェブサイトへそれぞれリンク

Curtain raiser 2014年12月1日分 2014年12月2日分 2014年12月3日分
2014年12月4日分 2014年12月5日分 2014年12月6日分 2014年12月8日分
2014年12月9日分 2014年12月10日分 2014年12月11日分 Summamry
現地リマでのIGESの活動一覧
日時 セミナータイトル アジェンダ 会場
2 December 2014
18:30-20:00
Puja Sawhney from IGES will be a panelist at the side event "Multistakeholder Initiatives towards a Resilient and Low Carbon South Asia" PDF Room Maranga
5 December 2014
15:00-16:30
The role of domestic policies in mobilising climate finance/気候変動資金動員のための国内政策の役割 PDF Official Side Event Room Machu-Picchu
5 December 2014
19:30-22:00
Where is the support for using community data and indigenous knowledge in REDD+? (Global Canopy Programme Website)   Business Tower Hotel, San Borja
8 December 2014
10:00-11:30
Achieving a low-carbon Asia -
Japan’s collaboration with Asia in developing INDCs with Asia’s full ownership/低炭素アジアの実現に向けて - オーナーシップを持ったINDC作成に向けた日本とアジアの協働
PDF Japan Pavilion
8 December 2014
13:00-14:30
Development and Utilization of MRV Tools for Realizing Low Carbon Societies/低炭素社会実現のためのツール開発 PDF Japan Pavilion
9 December 2014
13:00-14:30
Low-Carbon Project Development in Surabaya City, Indonesia using Joint Crediting Mechanism (JCM) through City-to-City Cooperation with Kitakyushu City, Japan/インドネシア国スラバヤ市での低炭素化事業形成:二国間クレジット制度(JCM)の活用と北九州市との都市間連携を通じて   Japan Pavilion
9 December 2014
15:00-16:30
How to develop Low Carbon City Climate Change Action Plan (CCAP) using Asia Pacific Integrated Model (AIM) and our next challenge /
AIMモデルを用いた低炭素都市実行計画づくりの事例紹介と今後の展開
  Japan Pavilion
10 December 2014
13:00-14:30
Sharing experience and knowledge on adaptation
- Pre-Forum on Global Adaptation Network -
PDF Japan Pavilion
10 December 2014
14:00-16:00
GHG Emissions Reduction Potential in Asia - Messages from Low Carbon Asia Research Network (LoCARNet)/アジアにおける温室効果ガス削減の可能性 - 低炭素アジア研究ネットワーク(LoCARNet)からのメッセージ PDF Indonesia Pavilion
10 December 2014
15:00-16:30
Mitigation Actions/INDC Preparations in Asia-Pacific Countries and Japan's support for relevant activities / アジア・太平洋諸国の緩和策及びINDC策定とその関連取組への日本の支援 PDF Japan Pavilion
12 December 2014
10:30-12:00
“Transition and Global Challenges towards Low Carbon Societies” – Messages from the International Research Network for Low Carbon Societies (LCS-RNet)/低炭素社会に向けた転換と全球的な挑戦 - 低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)からのメッセージ PDF EU Pavilion
  • 展示

    COP20展示ブースにて、IGESの活動を紹介したパネル展示や最新出版物を配布しました。


    期 間:2014年12月1日(月)~ 12月12日(金)
    場 所:Cuartel General del Ejercito
    ブース:No.12

コラム「Climate Updates」
earth
「気候変動対策の名の下で石炭火力発電所建設を支援する日本」報道について
2014年12月8日 IGES 倉持 壮、清水 規子

「日本が『気候変動対策支援』の名の下にインドネシアで石炭火力発電所の建設を支援」という内容の記事が共同通信より配信されました。低炭素社会への転換に向けた国際的な気候資金の在り方とは?

earth
大規模な脱炭素化への道筋プロジェクト(DDPP)2014年報告書の日本への示唆
2014年11月26日 IGES 田村 堅太郎、倉持 壮

コロンビア大学のジェフリー・サックス教授を中心とした、大規模な脱炭素化への道筋を探る主要排出15カ国の国際共同プロジェクトが報告書を発表。脱炭素化への鍵を握るのは?

earth
気候変動対策がより質の高い成長を促す-ニュー・クライメイト・エコノミーが意思決定者向け提言を発信 2014年11月20日 IGES 小嶋 公史

今年9月に発表された「ニュー・クライメイト・エコノミー」報告書は経済成長と気候変動対策が両立できると検証。政府、企業等のリーダーの行動を喚起しています。同報告書の戦略とポイントとは?

COP20報告セミナー
日付 イベント名 場所 会場名
2015年2月3日
IGES/GISPRI共催 :
「COP20報告シンポジウム」
* 定員に達した為、受付を終了致しました。
東京 全社協 灘尾ホール

ページの先頭へ戻る