気候変動とエネルギー

環境経済政策研究公開シンポジウム

脱炭素社会に向けたグリーン税制改革への期待と課題

2016年9月29日(木)、公益財団法人 地球環境戦略研究機関 (IGES)は、環境省環境経済の政策研究の一環として、公開シンポジウム「脱炭素社会に向けたグリーン税制改革への期待と課題」を開催しました。

昨年12月に合意されたパリ協定では、産業革命以前からの気温上昇を平均で2℃以下に抑えるために、今世紀後半には温室効果ガス(GHG)の正味の排出量をゼロとする脱炭素社会・経済へと移行することが世界共通の目標として定められました。また、我が国でも今年5月に発表された地球温暖化対策計画では、2050年までにGHG排出を80%削減することが長期的目標として盛り込まれました。このような大幅かつ急激な排出削減を実現するうえで、炭素税などを通じて二酸化炭素の排出に価格をつけることで省エネや再生可能エネルギーを経済的に有利にし、脱炭素社会への移行をしやすくするカーボンプライシングへの期待が高まっています。また、炭素税によって生じる収入を所得税・法人税の減税や社会保障費に活用するグリーン税制改革を実施することで、脱炭素社会への移行に加え、経済活性化などを同時に実現できるといわれています。

本シンポジウムでは、パリ協定の実施および日本の長期的目標の実現の重要性を踏まえ、グリーン税制改革に寄せられる期待および今後の課題について、欧州などの先進事例の紹介や将来シナリオの分析結果を交えながら、議論を深めました。

日 時 2016年9月29日(木) 13:30-17:00 (受付13:00~ 6F ロビー)
会 場 東京国際フォーラム7階 ホールD7  ※受付は6Fになります
東京国際フォーラム (東京都千代田区丸の内3-5-1)
ホールD7
主 催 公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
使用言語 日本語(通訳なし)
参加費 無料
参加者数 約140名
プロフィール 講演者プロフィール (125KB)
プログラム / 発表資料
資料一括ダウンロード  (圧縮zipファイル 5.7MB)プログラム
13:30 開会挨拶(環境省)
13:35 シンポジウムの趣旨
小嶋 公史, IGES プログラムマネジメントオフィス 上席研究員
PDF (602KB)
第1部:基調講演
13:45 基調講演:カーボン・プライシングの意義とグリーン税制改革への期待
諸富 徹, 京都大学大学院 経済学研究科 教授
PDF (1.4MB)
第2部:成果発表
14:25 発表1:グリーン税制改革をめぐる世界の動向
淺川 賢司, IGES 気候変動エネルギー領域 主任研究員
PDF (511KB)
14:55 発表2:パリ協定実現に向けたグリーン税制改革シナリオ:E3MEモデルによる分析
李 秀澈, 名城大学 経済学部 教授
PDF (3.4MB)
15:25 休憩
15:40 発表3:グリーン税制改革と脱炭素社会の実現:AIM/CGEモデルによる分析
増井 利彦, 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 統合環境経済研究室長
PDF (667KB)
16:10 発表4:グリーン税制改革の実現に向けて:社会変革への挑戦
小嶋 公史, IGES プログラムマネジメントオフィス 上席研究員
PDF (403KB)
16:30 ディスカッション
16:55 閉会挨拶
写真

ページの先頭へ戻る