ニュース&イベント
IGES地球環境セミナー「中国環境ビジネスの展望」

IGESは、地球環境セミナー「中国環境ビジネスの展望 -日本企業は生き残ることができるか?-」を2012年10月1日に横浜で開催しました。

日本国内の環境産業が伸び悩む中、右肩上がりの成長を続ける中国の環境産業に注目する日本企業も多くなっています。企業関係者を中心に100名を超える参加の下、中国環境ビジネス研究の第一人者である常杪(チャン・ミャオ)清華大学環境学院所長が、中国経済における環境投資の重要性の高まりや環境ビジネスの今後の展開について発表しました。続いて小柳秀明IGES北京事務所長が、環境産業の視点から中国の第12次5カ年計画を概観し、カントリーリスクを考慮しながら、中国進出にあたっての日本企業の課題と戦略について分析しました。


photo
 
日時
2012年10月1日(月)13:30-17:00
会場
ワークピア横浜 2階 会議室くじゃく(横浜市中区山下町24-1)
主催
公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
後援
神奈川県、神奈川新聞社
言語
日本語
参加者
約100名
資料ダウンロード
  • 基調講演「中国の環境産業現状と今後の展望」646KB
    常 杪(チャン・ミャオ) 清華大学環境学院環境管理と政策研究所所長
  • 講演「中国環境ビジネスの展望 -日本企業は生き残ることができるか?-」1MB
    小柳 秀明 IGES北京事務所長
  • 当日配布資料505KB
photo photo  
主な内容
1.中国環境産業の現状と今後の展望(常杪)
(1)中国環境産業範疇の拡大
(2)中国環境産業発展の推進力
(3)中国環境産業発展の現状と展望
(4)今後の展望-日本企業の進出における提言

2.中国環境ビジネスの展望(小柳)
(1)中国環境産業の全体状況
(2)環境市場に新たな需要を生み出す中国第12次5カ年計画
(3)日本の環境企業が抱える課題と今後の戦略   
    ○日本企業が抱える11の課題   
    ○中国企業等からの4つの注文
(4)モデル事業を通じて見た水環境ビジネス実施上の課題
    (農村地域等における分散型排水処理モデル事業協力の例)
(5)反日デモ・暴動等にみるカントリーリスク

プログラム
開会挨拶
若公 崇敏 環境省水・大気環境局水環境課課長補佐
講演
講演1:中国の環境産業の現状と今後の展望
常 杪 (チャン・ミャオ) 清華大学環境学院環境管理と政策研究所所長

講演2:(1)日本の環境企業が抱える課題と今後の戦略 (2)反日デモ・暴動等にみるカントリーリスク

小柳 秀明 IGES北京事務所長
質疑応答
閉会挨拶
(敬称略)
※1.本講演内容の一部は、IGESが平成23年度に環境省水・大気環境局から請け負った事業の一部を紹介したものです。


参考資料
小柳秀明IGES北京事務所長の講演内容の詳細は、以下のレポートでも詳しく紹介しています。

EICネット
連載「中国発」
No.217 中国環境ビジネス-中国環境企業等からみた日本の課題
No.216 中国環境ビジネス-日本の環境企業が抱える課題
No.213 中国省エネ・環境投資需要の展望

お問い合わせ
公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
事務局研究支援課
〒240-0115 三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel:046-855-3720 Fax:046-855-3709
sanjosem@iges.or.jp
 IGES地球環境セミナーシリーズとは
IGESでは、IGES賛助会員及び一般の皆様を対象に、国内外の最新動向を交えながら地球環境問題についてわかり易く説明する「IGES地球環境セミナー」を開催しています。

 賛助会員制度について

ページの先頭へ戻る