ニュース&イベント
■日中両国の環境大臣会談
IGESが日中環境協力のプラットフォームに指定される

2009年6月15日
(財)地球環境戦略研究機関(IGES)

覚書に署名する斉藤鉄夫環境大臣と
周生賢中国環境保護部部長

2009年6月13日、北京・釣魚台国賓館で行われた日中両国の環境大臣会談において、IGESが日中環境協力のプラットフォームのひとつとして指定され、同14日両国大臣により覚書に署名されました。

IGESは2006年7月に北京事務所を設立し、これまで世界銀行の資金による中国都市大気質管理能力向上研修プロジェクト、中国の水環境管理を強化するための日中共同研究、農村地域等における分散型排水処理モデル事業協力、日中CDM協力プロジェクト、環境分野における戦略的互恵関係確立のための政策提言等数多くの日中環境協力事業を実施してきましたが、これらの協力活動の成果が日中両国の環境大臣により高く評価されるとともに、今後の活躍を期待されたものです。

同日署名された「日本国環境省及び中華人民共和国環境保護部による環境協力の一層の深化に関する覚書」には具体的に次のように書かれています。

「双方は、両国の環境協力における窓口または架け橋として、地球環境戦略研究機関、国立環境研究所、日中友好環境保全センター及び中国環境科学研究院の役割をより一層発揮させ、両国の環境保護技術の移転及び協力のプラットフォームとし、先進的環境技術の移転及び研究開発協力を推進する。」



環境省プレスリリースはこちら>>

お問い合わせ
  財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
〒240-0115 三浦郡葉山町上山口2108-11
担当:本郷
電話:046-855-3854
E-mailはこちら
09_06_25

ページの先頭へ戻る