COP10
2012年11月26日~12月8日、カタール・ドーハにて、気候変動枠組条約第18回締約国会議(COP18)が開催されました。

IGESは、これまで実施してきた研究結果に基づき、アジア途上国を含む地球規模の次期枠組みを構築する上で重要な課題について、サイドイベントやブース展示等を通じて情報提供及び意見交換を行いました。
新着情報
IGES/GISPRI 共催「COP18及びCMP8報告セミナー」(2013年1月24日 東京)
セミナー報告「COP18結果速報と今後の展望」発表・質疑要旨を掲載
市場メカニズム関連の決定について:解説(PDF,263KB)
COP18サイドイベント:「アジアにおける低炭素未来への道」報告書、発表資料を掲載
COP用語集・関連出版物
COP18現地からのレポート
IGES研究員がCOP18の動向や現地の様子をコラム形式でお伝えします。
IGES共催サイドイベント
2012年11月29日(木)  11:30-13:00
IGES, GHGMI and ClimateWorks Foundation共催
The Road to a Low-Carbon Future in Asia


WRIのジェニファー・モーガン氏をモデレーターに迎え、約150名の参加者を交えた活発な議論が繰り広げられました。
本イベントの様子はNHKニュースにて放送されました。また、IISDの"Earth Negotiations Bulletin (ENB)"にもレポートが掲載されています。

<<詳細はこちら

写真提供:IISD/ENB

日時
2012年11月29日(木) 11:30-13:00
会場
Side Event Room 8, Qatar National Convention Centre
主催
Greenhouse Gas Management Institute (GHGMI)
ClimateWorks Foundation
Institute for Global Environmental Strategies (IGES)
メディア掲載
IGESのCOP18サイドイベントの様子がNHKニュースで放送されました(11月30日)
IISD "Earth Negotiations Bulletin (ENB) 29Nov."
Documents
報告書(143KB)
アジェンダ(204KB)
発表資料
ClimateWorks 2020 Gigatonne Scorecard(1.2MB)
Casey Cronin, Senior Research Associate, ClimateWorks Foundation
Activities of IGES in Knowledge Sharing to Low Carbon World(989KB)
Shuzo Nishioka, Senior Research Advisor, IGES / Secretary-General, International Research Network for Low Carbon Societies (LCS-RNet) and Low Carbon Asia Research Network (LoCARNet)

Comparative study of NAMA Formulation in Southeast Asia(359KB)
Kentaro Tamura, Deputy Director, Climate Change Group, IGES
MRV of GHG: How can we apply to NAMAs?(127KB)
Yasushi Ninomiya, Director, Market Mechanism Group, IGES
Bridging Policy and Research on Short-Lived Climate Pollutants in Asia(1.2MB)
Eric Zusman, Senior Policy Researcher, IGES
Developing Implementation Capacity for a Low-Carbon Asia: Opportunities and challenges in MRV(80KB)
Tim Stumhofer,Senior Program Associate, Greenhouse Gas Management Institute
IGES関連イベント
2012年11月27日(火) 15:30-17:30
LCS-RNet(低炭素社会国際研究ネットワーク)サイドイベント
Achieving Low Carbon Societies - Common Challenges


The International Research Network for Low Carbon Societies (LCS-RNet) brings together researchers from both developing and developed countries to consider options related to decarbonisation and low carbon development pathways. Research results will be presented by leading researchers and discussed by a panel of policy and science experts.

※ 低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet):G8環境大臣会合において設立が合意され、2009年に発足した低炭素社会研究に関する国際イニシアティブ。IGESが事務局を務めています。
日時
2012年11月27日(火) 15:30-17:30
会場
EU Pavilion
主催
DECC, UKERC and LCS-RNet Secretariat
アジェンダ
暫定アジェンダ(PDF, 850KB)
詳細
詳細はこちら(LCS-RNetウェブサイト)
その他関連イベントでの発表
11月28日 20:15-21:45
森林総合研究所主催サイドイベント “What National Forest Monitoring System can do?”にて森林保全チーム山ノ下研究員が発表
11月30日 11:30-13:00国立環境研究所及びUniversity of Technology Malaysia主催サイドイベント “Ten Actions towards Low Carbon Asia”にて西岡研究顧問が発表
12月3日 11:30-13:00
International Centre for Integrated Mountain Development (ICIMOD)及びUniversity of Twente主催サイドイベント “REDD+ and poverty reduction: what has worked and what is possible?”にて森林保全チーム ロペス=カセーロ研究員が発表
12月5日 16:45-18:15
International Tropical Timber Organization (ITTO) 主催サイドイベント “REDD+ MRV: Capturing benefits from community forest management in the tropics” にて森林保全チーム ロペス=カセーロ研究員が発表(予定)

関連出版物


COP18の結果と解説
COP18における市場メカニズム(CDM等京都メカニズム、二国間オフセット・クレジット制度)
関連の決定について
(263KB)
京都議定書におけるクリーン開発メカニズム(CDM)、共同実施(JI)及び国際排出量取引(IET)、二国間オフセット・クレジット制度(JCM/BOCM)に関するCOP18での決定について、日本政府代表団「概要と評価」から関係部分の抜粋に加えて、関連するCOP18の決定文書を解説しています。(2012年12月11日)

IGES 市場メカニズムグループ編

IGES COP用語集
IGES COP用語集
本用語集は、国連気候変動枠組条約及び京都議定書にて用いられる専門用語について、わかりやすく説明することを目的としています。

IGES 気候変動グループ・市場メカニズムグループ編 

(277KB)

IGES気候変動グループ
気候変動グループニュースレター
クライメート・エッジ VOL.15
Asuka Jusen, Kuramochi Takeshi, Janardhanan Nanda Kumar, Yoshino Madoka, Jin Zhen and Miyatsuka Akiko / 2012年11月

(1.3MB)
IGES Working Paper CC-2012-06
Bridging Research and Policy on Short-Lived Climate Pollutants (SLCPs) in Asia
Zusman Eric, Miyatsuka Akiko, Romero Jane and Mohammad Arif / 2012年11月

Asia could accrue significant air quality, public health, and climate co-benefits from mitigating short-lived climate pollutants (SLCPs) such as black carbon and tropospheric ozone (O3). Realizing these co-benefits will require bridging a research-policy divide. This policy brief outlines pragmatic steps to help narrow that divide in Asia.

(249KB)
プレスリリース
IGES-WRI研究協力: 米・中・印・独・日5カ国の太陽光発電および、 風力発電産業に関するマーケット動向・政策研究報告を発表―再生可能エネルギー産業の発展には強力かつ長期的な政策が必要―
2012年11月22日


地球環境戦略研究機関(IGES)は、米国・世界資源研究所(World Resources Institute: WRI)が中心となり、また、事務局を務めるオープン気候ネットワーク(Open Climate Network: OCN)を通じて、中国・人民大学、インド・エネルギー資源研究所(The Energy and Resources Institute: TERI)及びドイツ・エコ研究所(Oeko-Institut)とともに、5か国の太陽光発電および風力発電産業発展に関する共同研究に参画し、このたび、WRIが、研究の成果として”Delivering on the Clean Energy Economy”を取りまとめ発表しました。
IGES Working Paper CC-2012-04
Designing Adaptation Finance for the Green Climate Fund: Challenges and Opportunities Drawn from Existing Multilateral Funds for Adaptation
Fukuda, Koji and Shimizu, Noriko / 2012年11月
IGES Working Paper CC-2012-04

This paper revisited three existing multilateral funds for supporting adaptation projects and programmes, namely GEF/SCCF, Adaptation Fund, and the CIF/PPCR, and conducted a comparative analysis of these funds to identify operational elements and lessons learned which could be reflected into designing an adaptation window for the GCF.

(233KB)
IGES Working Paper CC-2012-03
MRV Challenges of Integrating National Initiatives into International Mechanisms: A Case of Perform, Achieve and Trade Mechanism in India
Janardhanan, Nanda Kumar and Manish Kumar Shrivastava / 2012年11月
IGES Working Paper CC-2012-03

In this paper we have discussed the governance structure of the PAT scheme and issues related to its potential linkages with international and bilateral carbon offset mechanisms.

(190KB)
IGES Working Paper CC-2012-02
今後の温暖化対策国際枠組みと気候単独主義
明日香壽川 / 2012年10月
IGES Working Paper CC-2012-02

本研究では、EU 排出量取引制度(EU ETS)航空分野への適用に対する条約締約 国(地域)による単独行動に関して、その妥当性 や今後の展開を検討しました。

(563KB)
IGES Working Paper CC-2012-01
革新的エネルギー・環境戦略を考える:  活動量の見直し、資源の有効利用、グリーン投資によって更なる節エネ・CO2排出削減は可能
倉持壮, 明日香壽川 / 2012年11月


政府のエネルギー・環境会議が9月14日に決定した革新的エネルギー・環境戦略(以下「エネ環戦略」という)について、長期的な低炭素社会および資源循環型社会の実現の観点から政府試算の前提条件のうち3つの想定に関し再検討を行い、2030年における追加的な節エネ・温室効果ガス(GHG)排出削減の可能性について独自に検証ししました。

(563KB)
気候変動グループの出版物・データはこちら  

IGES市場メカニズムグループ
温室効果ガス排出量/削減量のMRV(計測・報告・検証)の類型化:NAMAそしてMRVをめぐる議論の整理のために
November 2012


温室効果ガス排出量/削減量のMRV(計測・報告・検証)の仕組みをその目的、対象、実施主体、方法の観点から4種類に類型化し、それぞれのMRVの内容や政策的課題に大きな違いがあることを示しています。また、途上国による適切な緩和行動(NAMA)の政策的評価のためには、既存のMRVとは異なった発想に基づく「政策・施策によるGHG削減量定量化」のための新たなMRVの仕組みの構築が必要であることを明らかにしています。
CDM in Charts

(518KB)
New Market Mechanisms in CHARTS
2012年2月更新

UNFCCC事務局に提出された各国からの提案をもとに、2013年以降の市場メカニズム構築に関する各国からの検討案を要約したテキストブックです。

(594KB)





図解 京都メカニズム 第18版
2012年11月更新

京都メカニズムに関する専門的な事項について、 チャート形式で分かりやすく説明することを目指したテキストブックです。 第69回CDM理事会、第30回JI監督委員会及び第7回京都議定書締約国会合での決定までを反映しています。

(1.8MB)
IGES CDM国別ハンドブック
2012年7月更新、11月デザインリニューアル

各国のCDMの現状と基本データをまとめた資料を公開しています。現在、中国、インド、韓国、インドネシア、フィリピン、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、ラオス、モンゴルの情報がダウンロード可能です。
市場メカニズムに関するその他の出版物・データはこちら  

IGES自然資源管理グループ 森林保全チーム
REDD+のためのコミュニティ主体の森林モニタリング:現場から得られた教訓と考察
ヘンリー・スケーブンス、山ノ下 麻木乃、藤崎 泰治
2012年10月


アジア太平洋諸国の地域コミュニティを対象に実施する 「コミュニティ参加型森林炭素計測プロジェクト: CCA」からの知見をもとに、持続可能な開発と森林管理、そして炭素蓄積量推定の見地から、地域コミュニティが果たす役割について考察しています。

(1MB)

 

 

低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)
LCS-RNet 4th Annual Meeting Synthesis Report
Sharing Knowledge to Meet a Common Challenge - Achieving Low Carbon Societies

LCS-RNet
2012


The key findings in the report lie in five areas: technological and behavioural responses; finance and green growth; valuing carbon and the coordination of polices at multiple levels of governance; developing scientific evidence and the science-policy interface; and enhancing international collaboration.

(1.4MB)
LoCARNet 1st Annual Meeting Synthesis Report
Mobilising Wisdom for a Low-Carbon Asia

LoCARNet Secretariat
2012


The key findings in this report discuss Asia's role and its potential for low-carbon development, including the role of Asia in climate stabilisation, low-carbon approaches, stakeholder driven low-carbon policy research, local and sectoral actions, technology and capacity development and beyond, regional cooperation, and the role of the research network LoCARNet (Low Carbon Asia Research Network).

(780KB)

低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)のウェブサイトはこちら

 

関連リンク
公開セミナー:
IGES/GISPRI 共催「COP18及びCMP8報告セミナー」(2013年1月24日 東京)
COP18で交渉の第一線でご活躍された4省庁の方々により、交渉の過程を含めて結果、今後の見通しなどについてお話し頂きます。
詳細こちら
 
公開セミナー:
IGES地球環境セミナー「COP18結果速報と今後の展望」(2012年12月19日 横浜)
UNFCCC COP18の議論の内容と結果をIGES研究員がいち早く報告を行いました。
詳細こちら

Earth Negotiations Bulletin (ENB) COP18&CMP8日報
カナダの持続可能開発研究所(IISD)が発行するCOP18及びCMP8デイリーレポート「Earth Negotiations Bulletin (ENB)」。日本語にも翻訳されます。
IISD ENB(COP18本会合)
IISD ENB(COP18サイドイベント)
 
UNFCCC COP&COP/MOP関連情報
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)ウェブサイト内 COP18/CMP8ページ
カタール政府COP18及びCMP8公式ウェブサイト
 

ページの先頭へ戻る