COP10
2011年11月29日~12月11日、南アフリカ・ダーバンにて、気候変動枠組条約第17回締約国会議(COP17)が開催されました。

予定の会期を2日延長して迎えた最終日には、米国や中国を含む全ての国が参加する新たな協定・合意を2020年から実施することを定めたプロセス(ダーバン・プラットホーム)が合意された他、京都議定書の第2約束期間の設定に向けた合意も採択されました。

IGESは、これまで実施してきた研究結果に基づき、アジア途上国を含む地球規模の次期枠組みを構築する上で重要な課題について、サイドイベントやブース展示等を通じて情報提供及び意見交換を行いました。

新着情報
関連公開セミナーの予定
IGESプレスリリース(2011年12月9日):COP17サイドイベント:日中によるアジア低炭素社会に向けた協力と展望
関連出版物
IGES共催サイドイベント
2011年12月1日(木)  20:15-21:45
IGES/中国・清華大学主催
Low-Carbon Development in Asian Countries
アジア諸国の低炭素発展


2011年12月1日、南アフリカ、ダーバンにおいて開催された国連気候変動枠組条約第17回締約国会議(COP17)において、財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)と清華大学エネルギー環境経済研究院は、「Low-Carbon Development in Asian Countries(アジア諸国の低炭素型発展)」と題したサイドイベントを共催しました。政府関係者、市民団体や企業等より100人あまりの参加を得た本イベントでは、日本及び中国における国内政策や炭素市場の開発に向けた取組みに関する最新の知見を共有するとともに、低炭素型発展に向けた両国の協力可能性などについて、発表及びディスカッションを行いました。

このイベントは、IISDの"Earth Negotiations Bulletin (ENB)"に取り上げられました。


写真提供:IISD/ENB
日時
2011年12月1日(木) 20:15-21:45
会場
COP17サイドイベント会場(Durban Exhibition Centre: DEC)内 Blyde River
主催
IGES、中国・清華大学エネルギー環境経済研究院
プレスリリース
IGESプレスリリース(2011年12月9日):COP17サイドイベント:日中によるアジア低炭素社会に向けた協力と展望
報告
詳細はこちら


IGES関連イベント
2011年11月29日(火) 15:30-17:30
LCS-RNet(低炭素社会国際研究ネットワーク)サイドイベント
LCS-RNet: Transition toward low carbon societies in a changing world


※ 低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet):G8環境大臣会合において設立が合意され、2009年に発足した低炭素社会研究に関する国際イニシアティブ。IGESが事務局を務めています。
日時
2011年11月29日(火) 15:30-17:30
会場
COP17会場(International Convention Centre:ICC)内 North Plaza / European side-events room "Brussels"
資料
アジェンダ及び発表資料(LCS-RNetウェブサイト)
 
2011年11月30日(水) 18:30-20:00
IPCC(気候変動に関する政府間パネル)サイドイベント
Finalisation of the IPCC Software for the 2006 Guidelines, and Recent and Planned Work of the TFI


Briefing of final development stages of the IPCC software for the 2006 IPCC National Greenhouse Gas Inventory Guidelines. Recent and planned work of the IPCC National Greenhouse Gas Inventory Programme was also explained.

※ 日本政府はるIPCCのインベントリタスクフォース(IPCC-TFI)の活動を積極的に支援しており、IPCC-TFIのための技術支援ユニットがIGES内に設置されています。
日時
2011年11月30日(水) 18:30-20:00
会場
COP17サイドイベント会場(Durban Exhibition Centre: DEC)内  Apies River
主催
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)
資料
発表資料(IPCC-NGGIP TSUウェブサイト)



関連出版物・インタビュー


Monthly Asian Focus: 持続可能なアジアへの視点
2011年10月 : COP17にむけて - 共通だが差異ある責任-
サリームル・ハック氏インタビュー
(国際環境開発研究所(IIED)気候変動グループシニアフェロー)

IGES気候変動グループ
気候変動と国際協調-京都議定書と多国間協調の行方
亀山康子・高村ゆかり編(2011) 慈学社
ISBN978-4-903425-71-9 C3032

第4章 気候資金を巡る国際交渉と今後の展望[田村堅太郎・福田幸司]
第11章 国際気候変動レジームにおける中国の交渉ポジションと国内政治[田村堅太郎]
第14章 インドの気候変動政策[福田幸司]
第15章 気候変動レジームの行方 -レジームの観点からの考察-[亀山康子・田村堅太郎・高村ゆかり]
Operationalising MRV of Support - Analysis of Finance, Technology and Capacity Building Support
Fukuda, K, Kato, M. and Y.Mizutani.
Nov. 2011
IGES Policy Report 2011-05

気候変動対策に対する資金援助、キャパシティ・ビルディング、技術開発・移転といった途上国支援についてこれまでの気候変動次期枠組みに関する国際交渉の進展を踏まえて概観するとともに、カンクン合意の運用化に向けて、これら異なる支援の側面に対するMRV(測定・報告・検証)のモダリティのあり方や関連する既存の仕組み・ツールについて整理・分析を行います。

(1.4MB)
Hayama Proposal: Post 2013 International Framework on Climate Change
Asuka, J.
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-02

To advance the currently stagnant negotiation of international framework on climate change, by presenting the "Hayama Proposal", under which both developed and developing countries are to compromise.

(227KB)
Financial Support to the Implementation of Adaptation Measures
Fukuda, K., Wakiyama, T. and N. Shimizu
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-03

This paper draws upon experiences with relevant funding mechanisms - the Adaptation Fund and the Climate Investment Funds/Pilot Program for Climate Resilience (CIF/PPCR) - to highlight issues central to structuring GCG capable of servicing those diverse needs.

(1.1MB)
Biofuels - from CDM to NAMAs
Romero, J.
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-04

This paper reviews the trend of biofuel development and performance of biofuel projects under CDM as well as provides insights on how biofuel projects could transition to NAMAs.

(757KB)
Why the United States Lacks a Federal Climate Policy:
Collective Action Problems, Tea Parties, and Blue Dogs

Zusman, E., Fukuda, K., Yoshino, M., and J. Ichihara
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-05

This paper uses a logistical regression model to demonstrate that a divided Democratic party made enacting climate change legislation in the United States particularly challenging. It then outlines a strategy for breaking the coalition between tea party and pragmatic Republicans and strengthening ties between blue dog and green Democrats. Such a strategy will be critical to getting the collection action needed for a federal climate change policy in the United States.

(824KB)
The Politics of Climate Policy in China: Interests, Institutions and Ideas
Tamura, K. and E. Zusman
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-07

This paper attributes China recent reforms to these two omitted dynamics. It demonstrates that institutional reforms that granted the National Development and Reform Commission (NDRC) the climate portfolio and forged linkages between subnational promotional incentives and energy efficiency targets helped China recognise climate change can complement its national interests.

(1.2MB)
Designing Climate Finance to Enhance Low-Carbon Investment through Local Intermediaries: Applying a Concept of Direct Access to Climate Finance
Wakiyama, T.
Nov. 2011
IGES Working Paper-CC-2011-08

This paper examines the best options among innovative national financing schemes to enhance low carbon investment by identifying and examining the barriers and benefits of low carbon investments and multi level financing mechanisms.

(916KB)
気候変動グループの出版物・データはこちら  

IGES市場メカニズムグループ
New Market Mechanisms in CHARTS
IGES市場メカニズムグループ
2011年9月公開

UNFCCC事務局に提出された各国からの提案をもとに、2013年以降の市場メカニズム構築に関する各国からの検討案を要約したテキストブックです。

(594KB)





図解 京都メカニズム 第15版
IGES市場メカニズムプロジェクト
2011年10月更新

クリーン開発メカニズムの基本的情報や解釈について、チャート形式で分かりやすく説明したテキストブックです。

(1.9MB)
IGES CDM国別ハンドブック
IGES市場メカニズムプロジェクト
2011年7月更新

各国のCDMの現状と基本データをまとめた資料を公開しています。現在、カンボジア、中国、インド、インドネシア、フィリピン、タイ、ラオス、モンゴルの情報がダウンロード可能です。

(4.6MB)
CDMに関するその他の出版物・データはこちら  

低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)
Transition towards Low Carbon Societies in a Changing World: Science, Policy and Society for Low Carbon Development Pathways
LCS-RNet Secretariat
November 2011


The 3rd Annual Meeting of LCS-RNet was held on 13-14 October, in Paris, France, co-hosted by the French Ministry of Ecology, Sustainable Development, Transport and Housing (MEDDTL) and the International Research Center on Environment and Development (CIRED), in association with the French Environment and Energy Management Agency (ADEME). The meeting addressed the many facets of the “paradigm shift” in climate policies demanded by the Cancun agreement. In spite of the difficult economic background against which international negotiations are currently taking place, the meeting noted that this paradigm shift offers substantial opportunities to reconcile long-term challenges with the concerns of the current generation. The temptation to postpone decisions needed to tackle a very long-term problem must be avoided.

(1.4MB)

低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)のウェブサイトはこちら

 

関連リンク
公開セミナー:
IGES/GISPRI 共催「COP17及びCOP/MOP7報告セミナー」(2012年1月27日(金)東京)
詳細はこちら
公開セミナー:
IGES地球環境セミナー「COP17結果速報と今後の展望」(2011年12月21日 横浜)
UNFCCC COP17の議論の内容と結果をIGES研究員より報告を行いました。
報告はこちら
 
Earth Negotiations Bulletin (ENB) COP17&CMP7日報
カナダの持続可能開発研究所(IISD)が発行するCOP17及びCMP7デイリーレポート「Earth Negotiations Bulletin (ENB)」。日本語にも翻訳されます。 IISD ENBページはこちら
 

UNFCCC COP&COP/MOP関連情報
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)ウェブサイト内 COP17/CMP7ページ
南アフリカ政府COP17及びCMP7公式ウェブサイト
 

ページの先頭へ戻る