お知らせ

IGESが「2016年版気候変動シンクタンクランキング」欧米外地域で第1位を獲得!

2017年6月30日

このほど、イタリア・ベニスに本部を置くICCG(気候行政国際センター)が発表した「2016年版気候変動シンクタンクランキング」において、地球環境戦略研究機関=IGES(本部・神奈川県葉山町)が「欧米外地域での気候変動研究機関」として、実質ランキングで第1位を獲得しました。同時に、全世界ランキングでも7位と大躍進し、これまで上位にあったブッパタール研究所(ドイツ)・国際持続可能開発研究所(IISD・カナダ)・グローバルグリーン成長研究所(GGGI・韓国)などを逆転して抜き去りました。

ICCGは、世界の環境問題研究機関の成果と実績をレビューしたうえで、毎年6月に前年度のランキングを発表しています。

審査対象となるのは、
 1)環境問題の「研究」「啓発活動」両面について主導的に活動していること
 2)活動の最終成果が実践的な政策提言であること
 3)政策決定者・実務者が主たる対象で、一般大衆はその結果として影響されていること
 4)その活動および関係者が厳選され更新されていること
 5)活動の主眼が気候変動の経済・政策であること
となっています。

ランキングに入るべき研究機関は、ICCGが主体的に世界各地から選抜し、その活動内容についての審査を行っているもので、研究機関側から応募したり審査を要求したり出来るものではありません。

ICCGのランキングには「標準ランキング」と「実質ランキング」があり、費用対効果を考慮したものを「標準ランキング」とし、活動実績そのもののみを評価したのが「実質ランキング」となっています。

<参考>
2016年欧米外地域実質ランキング
 (1位) 地球環境戦略研究機関=IGES
 (2位) エネルギー・資源研究所=TERI
 (3位) アフリカ工学研究センター=ACTS

2016年北米実質ランキング
(1位)ザ・ネイチャー・コンサーバンシー = TNC
(2位)世界資源研究所 = WRI
(3位)ブルッキングス研究所*
*気候変動・環境関連部署のみ

2016年欧州実質ランキング
 (1位) ヘルムホルツ環境研究センター=UFZ
 (2位) 国際応用システム分析研究所=IIASA
 (3位) ポツダム気候変動研究所=PIK

ICCG 2016年版ランキング:

ページの先頭へ戻る