お知らせ

COP21に向けた連続提言を発表
-環境関連団体が合同記者会見、環境大臣と対話ー

2015年11月27日

IGESを含む9つの環境関連団体有志(*)は、国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)に向けた地球温暖化対策についての連続提言を行い、11月26日(木)に記者会見を行いました。 連続提言は、今後の地球温暖化対策強化の議論への貢献を目指し、各団体の立場から政策に求めることや自ら行っている取り組み等、地球温暖化対策について提言したものです。また、翌11月27日(金)には、COP21に参加する丸川珠代環境大臣と対話を行い、提言の内容やIGES他団体の取り組みについて説明を行いました。

IGESは、地球温暖化対策への様々な提言や議論が実効性のある政策形成につながるのではないかという考えに立ち、今回の連続提言がその一助となることを期待します。

2015年11月26日合同記者会見の様子
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子y
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子
2015年11月27日環境大臣対話の様子
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子y
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子
  • 2015年11月26日合同記者会見の様子
提言を行った9団体(順不同)
  • (公財)地球環境戦略研究機関(IGES)
  • 全国地球温暖化防止活動推進センター/JCCCA
  • (公財)日本環境協会(JEA)
  • (一財)環境イノベーション情報機構(EIC)
  • (一社)低炭素社会創出促進協会(LCSPA)
  • (一社)グリーンファイナンス推進機構
  • (一社)日本環境アセスメント協会(JEAS)
  • (一社)海外環境協力センター(OECC)
  • (一財)持続性推進機構(IPSuS)

ページの先頭へ戻る