お知らせ

  • 国際的な地球環境基金を活用した日本発、世界のSATOYAMA保全プロジェクトが本格始動!

2015年9月18日

地球環境戦略研究機関(IGES)は、コンサベーション・インターナショナル・ジャパン(CIジャパン)、国連大学サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)と共同でGEF-SATOYAMAプロジェクト(CIジャパン主導)に取り組んでいます。
同プロジェクトは、2015年7月末に地球環境ファシリティ(GEF)により正式に承認され、9月1日に国連大学(東京都渋谷区)にて実施チームが発足し、4年間のプロジェクトが本格始動しました。GEF-SATOYAMAプロジェクト(正式名:Mainstreaming Biodiversity Conservation and Sustainable Management in Priority Socio-ecological Production Landscapes and Seascapes)は、人の営みが続けられる世界の里山・里海環境(SATOYAMA)において、生物多様性の保全と持続可能な利用を促進することにより、自然と共生する社会の実現を目指します。